読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haiirosan's diary

散文とか

サレマ・ポーギーにポーリーのアリスがスカートを火曜日に破棄すれば、

f:id:haiirosan:20170318222322j:plain

(続・句読点)、間違えなく僕らは発狂に酔狂に胎教。
マリアのチューリング的立場は、ドラえもんとしずかのびたジャンパイアが脛夫を集団リンチする企画を撮影する理由に事足りると。だって、僕らにココロがあるなんてのは誰にも分からないもの。
ところで藍色ポンティアックにへばりつくアンディの解雇通知は自称NY.Dollsのファンクラブ会長によるものだったってことをみんな知っているのか?僕はどら焼のUFOに乗って海王星のイルカを皆殺しにしたトランペットだから皆を知っているぜ。

f:id:haiirosan:20170312103417j:plain

そして桜が血を滴らせる。ロカビリーのアリス、アリスの不眠症に過敏性な早咲きの少女、口紅の食紅、平家蟹があないとし、死体の肉で最もワルツが踊れるのは膵臓であり水槽で最も少年がスマートフォンを翳すのは3104丁目のアルビノ金魚前だってこと。そう、新宿アルタ前なんかじゃなくてね。

f:id:haiirosan:20170321213358j:plain

7人の海が水死した、降水確率30%の夜。
メロンソーダを喫茶店で頼めば、灰色の街が葉緑素に充たされるような、そんな気がした。
ルー・リードの金属性に物言いの三幕。泡立つ発泡、ベルリンのジャケットはダークグリーンが主体だったような記憶。
血で血を洗うクリーニング屋とエタノール屋台の噛むチューインガムの咀嚼音。マンホール飛び交う午後、切断というよりも打撲傷による死が相応しい日曜日、噴水の塩素の香りに二日酔いさ。
そして、エスプレッソにイタリアを忘れた頃に、僕らのVANSには蒼い絵具がへばりついていたことに、散弾銃を持ち出した青服だけが気づいていたのだ。

f:id:haiirosan:20170307173938j:plain

ヨーロピアンとオフィーリアの死

f:id:haiirosan:20170211110452j:plain

然しコーク缶ソークトイン漂白剤。カーステレオがモノラルバイノーマル虻箆~嘛僂に染まれば犯罪沙汰サタニック45の46階は実在すると昭夫が力説する。だが、サマーソニックサマージャンボ三億円事件ジントニックの冤罪で溺れさせれば偉大なるビートニク詩人であるA.GやW.S.Bを花魁の肌から逃れさせることが出来るかもしれないとマクベスにまとわりつくピーナッツバターは言った。多国籍の凧、クレヨンとチョークが美味い午後、裸体のシボレー、哲学的ゾンビの群れが僕に迫ってきているけれど、私はAT車しか運転できないの!絶望に幻滅地下鉄に乱立するエンパイアステートの夢、MTクラッチsnatchフィルムに溶けたオフィーリアの白百合。スナッフフィルムに映る平行世界で彼女は柘榴みたいだった白いドレス トゥシューズの靴擦れ 枯れ果てた季節に地獄の歩道橋てくてく否てけてけと赤いビーツシーツじゃない青の悲劇。制服の滲み濡れ衣と雑巾、楽観的主観のない僕らの思想と365の食パンの耳、ナポリピザの耳に火薬を詰めれば淘汰されるのはピザ屋の彼女ではなく戦争屋だってこと地中海に沈む五星の欠片カストリッチスピーチ、ワインハウスにあの娘の首吊り死体。その姿態は遠近法で透写されたけれど低血圧の彼はいつも死んでいる(ような)様態である。果たして椰子の身がbananaの薬がバオバブの爆発物がビーフストロガノフになる日が来るのか、アーシュラーの祭に神輿を投げ込めば、ほら酒樽に青酸カリが溢れて何だか目が痛い喉が渇くから呑もうよオーロラが零れたフィンランドの丑三つ時の空を。

f:id:haiirosan:20170310214029j:plain

f:id:haiirosan:20170303154545j:plain

有刺鉄線に捧ぐ

f:id:haiirosan:20170309165708j:plain

ほら、嘘をつく間にワイヤーで撒かれた内臓。
トマトットトマト字余りで躓け
誰もいない世界
誰も彼も消えて
そしたら道端が綺麗だ
うるさい人間が嫌いだ
五月蝿い人生は終りだ
首を吊れば
ビルを斜視すれば
この瞬間は夢だって

花、枯れゆく雄しべ或は雌しべ
道端っていう名前
彼女の切腹前に思いつき
ラー油の海 浮かぶタンタンメンの管
七味蕎麦が冷えない
トマト缶の手榴弾
絵具代を省いたのさ
赤い蛇、赤い血管のようで
静脈 動脈 Youtubeの鉱脈みたいな

f:id:haiirosan:20170226154202j:plain

赤い現場、蒼い拳銃漢はいない
細長く末長く
「ねえ、雛祭りの人形はみんな絞首刑なの?」
ひなあられ
雨アラレ
したらばたら霰
MDW→ばさら
部位不詳
煮込みという名の狂気と
PTの凸狭いババアは喚く
正体は色の彼方さって
透明な大人は笑う
ペド ロ ペレストロイカ
当り外れで狂った右手
訊ねた餓鬼の正当防衛
隠し持つバタフライナイフ
バタフライエフェクトで振り返るのは
君じゃなくて貴女だ

f:id:haiirosan:20170303154545j:plain

皆吊るされて鮟鱇の調理法
魔法の熔ける魔に
逢魔ヶ時にクーリッシュも適温
柔らかな雲 柔らかな青空も
君の食欲と殺人欲で朱に変わってしまうさ。
私はそういって俯いた
ストロベリースーサイド
ストロベリーリバーサイド
サイドギターの屈折
鳴らない赤色のSG
鳴りすぎる水色のST
鳴り止むホテルからの投身
君のホテルで染みが付いても
気にするのはイチゴハウスのあの娘だけだって
(何か)を眺めて暮らす私にはそう聴こえたよ
ラチェット マチェット
散弾か跳弾か
気になるあの内臓のスカートの中
嗚呼、内臓が見える
嘆く君を愛撫した老師は酔っていたのか?
示談地団駄を踏む駄菓子屋ジュウドル
$円をトルエンと聞き間違えた僕は
紛れもなくスクランブル交差点の炒り卵だから、スクランブル交差点の敗血病だから、スクランブル交差点の腐乱死体だから
スクランブル交差点に蹲るから
君のハイヒール 紅い靴先を永遠に舐めるよ
そう、永遠に永遠に。

f:id:haiirosan:20170122164839j:plain

鏡に写る憂鬱に足首をひかれるような

f:id:haiirosan:20170303150115j:plain

放り込まれたライオン、或いは雷音。
琥珀色の彼らそれとも彼女らがジャージの青年共を焼ききる光景は、カーストもトーストだったってことを杜若の白磁が笑う風景だって。
足首をひかれるような悪夢と夢魔は黒馬
原稿に刷り込まれる、ゴールデンバットの一周忌。
忌まわしきあの部屋の白い照明に照らされた僕と僕の死体。

f:id:haiirosan:20170226154118j:plain

早咲きの桜の冷めた眼
スマトラ忘れな草の花
枯れ果てた季節の嘘のように
マントラは朱を刻む
アルコール中毒による晒し首
僕の居場所はもうない
藍に縒る透明な水の濁
死は黒いっていつかの母が云っていたのは嘘のような、皆何処かへ出ていく彼の世の彼。
僕は死んでいない!死んでいないんだ!って訴えたけれど、選ばれし市民裁判官は絞死を選択して、馬鹿な金曜日を彩るのさ。

「短夜や貘の夢食うひまもなし」と呟いて

f:id:haiirosan:20170303145909j:plain

然し、平面の夕景、君の母親は君を見つけたと高笑いを添えるが、どうしてもマッシュポテトの隣に君の色彩は見えない。
クリムゾンの立体派
翠緑色の戀草
唐紅の天道
フライドポテトのケチャップの真相
スライドしてくチューリップの空想

イメージ、空の敗血、影のない匿名の母子
イメージ、空の情熱、影のない著明の父子
ラウンジの冷めた珈琲
60階建てのホテルは、其処からみえる景色だけが綺麗だった。
キリストの死も、夜になる日々も、座禅を組めない踝の不完全さも
赤ワインに浸るユダ
赤ワインに浸すパンのコンタクトレンズ
赤福に幸福を求める人はどれだけいるのだろう。
僕らが此処で生きることの苦しさは、7月にテトラポットで浅黒い若者達を意図的に殺したことに似ていると、君が笑っていた。

f:id:haiirosan:20170301165554j:plain

「夕暮れが爆ぜれば世界の終わりさ」
そう毎週呟いていた彼は
自らの終わりと引き換えに、その風景を視ることが出来なかった。

シンシアと金平糖ファン倶楽部

f:id:haiirosan:20170219075521j:plain

シンシアはレミントン・ショットガンを振りかざし、途方もない革命とフレミングの法則に革新が起きることを宣言した。
彼女が映る街頭テレビジョン、スクランブルエッグすら有罪の交差点、水銀を舐める人、太陽を蜜柑と誤認する人、荒れ狂う積乱雲を世界の終わりと勘違いして拳銃自殺をする人。
倒れ伏す人々が見聞きするのは、死後の極彩色かそれとも暗黒。
シンシアの宣言は一体誰に響いたのだろう。
骨を探す野良犬か、骨を失い自由を手に入れた海月達か、金平糖とマッチを売る少女か。
やがて、彼女の叫びと散弾のメロディはMTVCDTVのポップスによる喧騒に掻き消された。そして彼女はチャイナタウンの一角のアパート3階にて、窓枠の永遠の天使となったのさ。

f:id:haiirosan:20170101161120j:plain

金平糖を忘れた海抜0mの心,人間の流れる灰色のプールに間断なく投げ込まれる、楕円形の塩素剤は、いつかの唐紅製金平糖のように甘く切ないことを思い出させる。同じく投げ込まれる、装填数1の45口径コルトガバメントは、いつかのヒ酸ソカ青リ製金平糖のように君か僕を殺すことを選ぶことを迫る。 天使となったシンシアはそんな光景を窓から見下ろしている。夜も朝もずっと、ずっと。


ところで、金平糖ファンクラブの皆は糖尿病で、塩分や辛味を心底憎んでいる。さらに夏及び暖かな場所を忌避して、金平糖が名前と身体を無くしてしまうことを避ける為に、彼らはみなパプアニューギニアに住んでいる。だが、半年も経つと何故熱帯圏にいるのか何故パイナップルが笑っているのか解らなくなりPCPを。
そしてシンシアが紅い砂漠の果てで笑っている風景を想像せざるを得なくなる。

Oblivion Siren

f:id:haiirosan:20170211110452j:plain

無意識の状態、匿名の彼女が出勤中途で空ける9%も、仮名の彼が這い入る24のラスコー産牛も、ともすれば無意識の状況下なのかもしれない。

f:id:haiirosan:20170121145854j:plain

時計の針が狂っている。サイレン がなる 唸る ガタルカナルのバナナ グリーン グリーン 青空には瞼が(潰れ)という幻聴
昼食にバナナを選んだ記憶すらないのだが
緑の下で熟れたオオベニウチワの裸体をシカンすれば、僕はもう何も云えない。
新宿植物園猟奇殺人、竜血樹の真相 だれる声が聞こえるのは君のキも狂った証だと、チューインガムが嘲笑う。

f:id:haiirosan:20170121143824j:plain

窓硝子に映る君は絵画みたいだ
君のことは知らないけれど
君が桃色なのに果汁0なのは知っているさ
死んだポテトチップス
乾いたポテトチップス
タップする君の夕食
Hypeされる90sの英雄
ブーゲンビリア・ホテル
カリフォルニア・Hive
払うチップにボリビアの紛争と幻想が見えるかい?
腐ったコンソメに墜ちたソメイヨシノ
助けて助太刀打首土左衛門
早咲きの桜を愛でるのは死んだ私だけだって、車道で肺を潰されつつ笑いつつ竹筒に入った水筒の水は水道水だって明かしちまった、だってもう

f:id:haiirosan:20170217205827j:plain

いやに歪む視界に私はもう此処にいることや此処で息をすることに意味や喜びがあるとは思えないんだ。

赤いブルーハワイに溺死したジェシカ

f:id:haiirosan:20170210192047j:plain

ジェシカにはウォッカしか友達がいなかった。そう近所の白鷺は呻いていた。そう、彼らには水が等しく水を切ってミスミソウの浴槽に浮かぶのは切断された入浴剤(銘柄不明)だってことをジャムとマーガリンの廻間のコッペパン・レディが証言する。

拳銃の代わりに注射器
猟銃の代わりを剃刀にすれば救われるのは俺かあんたか
見えない左手 現実に汗ばむ右手
亡霊なのはあの亡国も同じさ
然し、ロシア産のパイナップルといえば手榴弾。気が狂いそうになる安全ピンは70s保守パンクスだけのものじゃねえってことを、ベトナム帰還兵のランボーや『タクシードライバー』は教えてくれる。
パンクの恋人は鏡と麦酒だって事もね。

f:id:haiirosan:20170205143256j:plain

白黒テレビ 三丁目の全滅
芥川もとい茶の焦熱 聞き分けのない町工の狂気
三丁目と四丁目の違い?
皆に嫌われる才能しかないから知らないさ
そういえば、ジェシカは其所にいなかったとは思うけれど、町子は其処にいたはずさ。
町子って誰だ?ねぇ誰なんだい!?
訪ね歩けば母を訪ねて三千里
チーズフォンデュと赤ワインが美味い家庭に居候していたら、母さんのことは忘れちまったって。
アルザス訛りで叫ぶ彼を軽蔑するのは、時計塔のアークバードだけじゃない。

f:id:haiirosan:20170209181606j:plain

アリス・クーパーの車輪の歌を思い出す炎と共に比喩暗喩
雪が視えるのはサバスの幻覚
有刺鉄線の見間違え
気違いと揶揄するのは聖職者
気違いでいられるのは殉教者
茶柱にタイマー
茶葉にコーク
涎滴る職員室の湿気た煎餅を砕いて砕いて砕いて砕いて粉にすれば、可愛い一匹のハムスターが無邪気に走り回るので、ジェシカは笑っていながら邪魔な皆を殺していた。