haiirosan's diary

散文とか

Lithium,Designer's Snuff

終末のカクテルが鏡の世界へと零れ落ちた。幾重にも重なる嘘と虚ろな美、幾度も散ってゆく色彩に私は、何時かの青空も狂った太陽も忘れてしまう。0.4/0.5,この眼に映る透き通ったスクリーンは永遠を刻むことのない永遠。 雨色の飴がソーダ水に溶けてゆく。行…

Fineの無い楽譜に浮游する茜色の――

裸体が埋められた3F,紅花を一枚マタイチマイと剥離してゆく内に幽離する夜明け。 然し、未だ終わらない缶蹴りはライムグリーンのブランコを揺らし続けるし、 私は(ワタシ)を見つけられないから、貴女は行方不明のままモノクロへと変換される。 全ての蒼が…

♭’∉∞ℵ#’, 海辺のコンバース

藍色の死が彷徨っている、火葬できない花束、造花の夕景、外科室の哀歌。(はじまり)の無い会話にクリームソーダだけが終わりに近づいてゆく。夏が過ぎて、柔らかな黄昏だけが網膜を這い回っているから、 向日葵が硝煙と共に枯れていった。32日の路面凍結、…

「地下鉄は理科室みたい」

狭間に蒼と綿飴が揺らいでいた。いつか、錆びゆくメリーゴーランドに座る君は綺麗だったけれど、1989年が翳んでしまった刹那にその眼は茜色に変容してしまった。燃えあがる空、砕け散るオブジェの記憶、すべてがワルツを踊り終えるとき、私の青昼夢もまた終…

「もし、最後の一人だとしたら、」

アルコールの用水路にソーダが流れている、蒼色の刹那、狂いゆく%に浸るのは心か身体か。或いはポップコーンかもしれない。28××年、禁酒法の嵐吹き荒れるいつかのシカゴで観た映画の記憶と記録よりも、彼方のミシシッピ川を游泳する藍色のカササギの羽音が私…

90%3/4Screen-20481372501

雨が網膜剥離を起こす。右目0.1が贖罪されるメリーゴーランドの終点であれば、凍てついた3卓に遺された無言の遺言書とチョコレートサンデーの水滴は90%、 空席待ちと空白左眼に映る鏡/鏡は私じゃない気がした。私を反転させて(ワタシ)、雨に濡れたシリア…

Borderline Abstract

火災警報器と静かなサイレンが長月の終末に木霊する。黒煙の幻聴と静謐なままのテーブルクロス、無人の円卓を囲むウォッカは明度を加速させてゆく。未だに鳴り止まぬ口づけに紅い唇も錆びゆく気配も無く、12番目の少女が血塗れのハイヒールを変死体へと導く…

下弦の彼岸花、蝉時雨の福音

下弦の彼岸花が太陽を覆う 金貨に粉砂糖が絡みつく、ビーカーに溺れるローズマリーと紫陽花が黙視した朝焼けに太陽は琥珀色の霧雨を零すが、そこに渇ききった12ダースチョコレートは存在せず、海と花束、「架空のノンフィクション」が曖昧な世界線を無音の旋…

降り止まない雨の五連符

蒼白月が視ている気がした。裸の陽光が水槽に溢れていたけれど、ライム溺れたモスコーミュールが私の最期を通告するとは彼方の飛行機雲もうわの空なのだと思う。散りゆく朝焼け、夕暮れの誤認、彼女が焦土のアスファルトを殺した時、千の蝙蝠傘は縊死対と化…

38Rfk22853

六弦が読み躍るエンパイアステート、彼女の滑落死体は綺麗だったと蒼い彼岸花が囁くけれど血塗れの絨毯の水平線上で割れた無花果の手首に水脈は無く、オレンジジュース溶けた夕刻に黒衣の林檎飴が砕けたのはあの海辺の月夜が永遠のように思われたから、 線火…

8mig29448F

月曜日の棺桶は冷たい、気の触れた体温計が失踪するフローチャート、今が未だ12月だと誰が照明するのか。箱船に閉ざされた匿名の表情と銅貨、変死体と化した自転車に挾間の時を求める少女の首飾りは錆びついたまま、終わらない8月を浮遊する。 炎上する火焔…

Reproduction à montrer le 2 septembre

「Fucking Rock Star」破滅した音階、ぶっ壊れたのはアンタらさ 27Club Heaven サーカスに切り裂かれた心と六弦 スターよりノイズ、愛すべきはpops? Rock'n'roll? ――耳鳴りの果てに聴こえた蒼き夕景のフォルテ 燃えあがるCONVERSE 渇ききった純粋と天使 茜色の…

私は零時に鳴ったら水煙草とCLUB HEAVENに、

――夕刻の13階、黄昏れる少女たちだけが青く、世界は茜色の焼死体と化していた。街の喧騒、4の無いクローバー散って、噴水の影に佇む赤い真実は純粋だって誰が信じるのだろう。夕凪が死の愛撫と囁きを交わすけれど、其処にある柱時計とラム・ボトルの亡骸…

Lunch xOb Obscure

トランクシートに遺された藍色の赫を忘れていた。 ゴルフクラブ、杏飴、線香花火チル12月のカーテン 花瓶に突き刺さる是空の13、黒電話を血で染める時、切断されたのは血管かロープか 青銅の噴水に差し出すのはルルドの慈悲か偽りの 祈りか フィラデルフ…

Foolish Summer 2012 0617

https://www.youtube.com/watch?v=45jFfJd0H5k カーテン揺れる 透明な来客 アイスクリーム溶けた 零すバニラ 不穏と平安 冷たい夏 カッター照らす、光に怯えて Foolish Summer Foolish Murder スカート揺れる 影が消えるGirl 黒い葬列 零す涙 不穏と不安 死…

Equal Moment

6の雨後に世界はRequiemの休符を斉唱する 5の翌朝に皺の無い鳥籠とベッド 4のヘッドフォンが断線したことに気づく刹那は、 遠ざかる耳元で囁くのはシャッターの記憶と―― カーテンを喪った裸の窓が「ひびわれたとき」、夕暮も夜も境界線を亡くしたから ど…

Ghost In the Guest House

「この中に死者がいる」 そう叫んだ君が居たのは深海のような霊安室だった。 藍色の避雷針、12月の造花、空白と海月 ただ、溺れていたような気がした ――私の足を白衣で包む暁光の海抜零m 私の瞳に映るのは夕焼けの指先が描く、「静かな終末」だけだったの…

水羊羹を誤読して、彼の躍動或いは記憶

――或る日、彼は水羊羹を誤読してしまった。彼が誤飲したのは暗い黒いスーパーボールだと彼女は言ったけれど、僕が視ていたようなサ変の上二段と「世界の終わりな沈黙」を目の当たりにしてもワルツを踊るスーパーボール。見知らぬ黒服の生ける屍が這い回る街…

0.001¢カタストロフィ

藍色の藍色のドレスコードに終末の予約は無いとマグリットが笑う。 ステンドグラス美術館、供物の肉が彩られる姿を、日傘をさす少女は虚ろに眺めていた。45℉の斜視、ボンネットに転がる地下街の法被、カスタネットの」片翼 0.001¢カタストロフィ、永遠に…

Swim Ciel Bleu Rumble

――そして焦熱に晒された世界の中、私は霊安室の椅子に縛りつけられたままだった。 いや、縛りつけたというべきか、試験管に納棺されたブルーハワイと死、猫の爪先に塗られたコールタールに放たれたコットンの染み、散弾銃、羅針盤の行方不明。 蝉時雨に残る…

蒼い夕刻、茜色の終幕

https://www.youtube.com/watch?v=HApEtZwSmR4 夕焼けに終わりが染まってゆくブルーバード、墜落 気が触れた時計の針揺れるカーテン 焼け落ちて暴かれた 汚れた色彩 虚ろな行進 寂れた雨に濡れて青い階段 踏み外す裸足突き刺さる 希望の絶望白い眼をして、僕…

トレイラーハウスと神が抱くリキュール

曇天の線路を赤い十字架が刻む 公園のトレイラーハウスと神が抱くC4 善良なる人々を、葡萄酒漬けの神を爆死に導くのはいつも、 ――茜色の朝、コーヒーに混入するリキュール、カンボジアで聴いたラジオを思いだすと6歳の少年が呟けば、向日葵色のランドセルに…

ブランデー・ボトルが砕けてターコイズネイルは哂う

雑踏に打擲されたブランデー・ボトル。 明滅する世界の構成物質に対して異議を唱える者は無く、ただ飛び去ってゆくカラスの群れを傍観していた。 紅色の空から桔梗の心臓が降り注ぐ。私たちは五月雨の記憶を溶かしてしまったけれど、アイスボックスに閉ざさ…

ブルーキュラソーの水槽

死んだような蒼が世界を溺死させ、魚の祭が終焉を迎える時、私は水槽に注がれるブルーキュラソーをずっと見ていた。 「夏に溶ける塩素剤に罪は無い」と『審判』は冒頭に書き記していたけれど、私が注文した200$は未だにリキュールのままだ。 カミュの言い…

私の蒼いラストワルツに誰も、

熱病に蒼が狂い始める。 6月の終末に、僕らは未だにドライアイスを抱えたままで、逆さまの蝶が形而上のラストワルツを捕食したとしても、無音の舞台が暗転することはない。 振り向けば君は忘却の彼方で、紅色の葵をその手に握りしめていた気がしたけれど、…

雨酔いのドールハウスと鴎の窒息

雨の痕がマキロンみたいにアスファルトを濡らしていた。 針葉樹に隠されし罠を私は忘れていたけれど、ロゼワインがまだ桃色のまま笑っていたから、乾ききったパンチェッタと蜜柑飴を文月の七日酔いの為に。 かの王政は私の罪を嘲ることを赦さなかった。 御輿…

Cigarette in your bed

朝霧のブランケットに包まれて、紫陽花が紅く火照る 彼方のライ麦畑も渇ききって更新される6月の永遠 つかまえたのはサリンジャーの理由なき38~78頁 『キャスターで浄化されし胡蝶蘭と摩天楼』 アスファルトのベッド、或いはベッドがアスファルト マッチ棒…

06080610

絶望の豚が火焔に呑まれる カストリの酔海が紫陽花から降り注ぐけれど 僕らが6月を忘却することへの示談にはならない 震えが止まらない右手、電気羊のバタフライ 夕暮れに泳ぐ彼女は 溶けることのない塩素剤を求めていた 電話線で首を吊る想像 翳されたカッ…

The Sound Of Dyeing A Cocktail Tone 4

蓄音機の針が縊死する刹那、 SummerTime Waltzを踊り始める蒼雲 37°のストロークに乱されて 水無月と口紅は唯、渇ききってゆく 雷鳴を掻き消す銃声 リボルバーで撃ち抜かれた向日葵 彷徨う薔薇と百合、造花と生花の境界線を越えても尚、その白い肌からは血と…

永遠の五限目、リトマス試験紙の造花

永遠の五限目、リトマス試験紙に火が放たれた時、理科室は翡翠色の水に沈んでいった。 罪も罰もない30の無垢、花瓶に突き刺さる造花の百合を着色しているのは人工雪だと高説する匿名の父兄に、誰が審判を下すことができるのだろうか。 「此処が輪廻にのみ…