読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haiirosan's diary

散文とか

「おまえは私に泥をくれたが、私はそれを黄金にした」ってさ

f:id:haiirosan:20121201145727j:plain

不毛の茨に血の花を咲かせる ――これは『悪の華』の話

燃えさかるアフリカ ものういアジア 血まみれの地平線

千の迷宮 黒檀の海「に」夕暮のハーモニー

「あなたは美しい秋の空だ 明るい薔薇いろの!」

緑深いタマリンドの樹の香り ビロードの目の妖精 白く焼けつく夏 晩秋 

怠惰な 怠惰の 「二乗」島 雨

「ほのかな龍涎の匂いにまじえ、華麗な天井、底知れぬ鏡、東方のみごとさ」

椰子の油と麝香とタール 黄いろいなごやかな光線

愁いのワルツ けだるい目まい!

(忘れの河)棕櫚の天蓋の下 深淵がいつも咽喉を渇かし、水時計は空になる

夕暮が真赤なマントで降りて来るころ ガラスの牢獄 陰鬱な戯画 血まみれの地平線

人類の残骸 夕暮、犯罪人の友 悲しい しびれた世界

「噴き上げる水は千々の花と咲き、嬉々とした月の光の色に染まり、しとど涙の雨に似て落ちかかる」

 

――私によるメモ書き、ボードレール悪の華』より。