読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haiirosan's diary

散文とか

向うに視える世界

f:id:haiirosan:20151002141519j:plain

空は蒼く 君は青く 硝子の低空  

鴉群れる空中は庭園ではなく牢獄 であった

閉ざされた風景 閉ざした処刑

線が切れるのはいとも楽で それでも無表情のままで

十字架のような彼女 張りつけられる彼はうな垂れたままで

僕らは歓声も 救うこともなく 

冷汗と静観 

 

そして 紫煙すら清涼に溶ける白昼 

夢の中で視たヴァニラの空 太陽に食べられた

心の空腹 此処では幸福? 白衣の悪意 告白に同意

 

――窓の内側 震える君 揺れるカーテン

 

時計は12の境界線を刻む

今は昼か夜か

暗視眼鏡で見る世界 望遠鏡で見る歪んだセカイよりは愛せる色彩?

暗緑 輝く瞳

歪曲 濁る瞳

偽りは真実で いつまでもそのままで

 

街の風景は平穏

道の光景は不穏

それが夢であろうが現実であろうが

鉄塔が全て崩れ落ちるその時は 全ての終わり

無言のまま 素肌のままで

 

――窓の外側 揺れる君 開いたままのカーテン