読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haiirosan's diary

散文とか

渇く右 濡れた左

f:id:haiirosan:20160424025209j:plain

右目のレンズが揺れる 街灯の下 視界がぼやける
波打つ街 潮騒のような喧騒
乾いてゆく視界 まばたきで点滅

灰色の海を泳ぐ 私の足は覚束なく
それは 合間を歩む 酔客の千鳥足にも似ていた

よろめく夜 右目の世界は水を求める

f:id:haiirosan:20160522015546j:plain

左目のレンズはへばりついたまま
街頭で正常を保っているような

平坦な街 モノクロの光景に想像が騒がしい
脈拍のない街 色を喪った意味

退屈な視界 まばたきが水を零す
白黒の海に溺れる 私の足は重く 冷たく
それは 合間を歩む 他人の視線にも似ていた

湿りゆく夜 左目の世界は渇きを求める

――そしてLとRが握手する時 夜は長く より深く