読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haiirosan's diary

散文とか

ヨーロピアンとオフィーリアの死

f:id:haiirosan:20170211110452j:plain

然しコーク缶ソークトイン漂白剤。カーステレオがモノラルバイノーマル虻箆~嘛僂に染まれば犯罪沙汰サタニック45の46階は実在すると昭夫が力説する。だが、サマーソニックサマージャンボ三億円事件ジントニックの冤罪で溺れさせれば偉大なるビートニク詩人であるA.GやW.S.Bを花魁の肌から逃れさせることが出来るかもしれないとマクベスにまとわりつくピーナッツバターは言った。多国籍の凧、クレヨンとチョークが美味い午後、裸体のシボレー、哲学的ゾンビの群れが僕に迫ってきているけれど、私はAT車しか運転できないの!絶望に幻滅地下鉄に乱立するエンパイアステートの夢、MTクラッチsnatchフィルムに溶けたオフィーリアの白百合。スナッフフィルムに映る平行世界で彼女は柘榴みたいだった白いドレス トゥシューズの靴擦れ 枯れ果てた季節に地獄の歩道橋てくてく否てけてけと赤いビーツシーツじゃない青の悲劇。制服の滲み濡れ衣と雑巾、楽観的主観のない僕らの思想と365の食パンの耳、ナポリピザの耳に火薬を詰めれば淘汰されるのはピザ屋の彼女ではなく戦争屋だってこと地中海に沈む五星の欠片カストリッチスピーチ、ワインハウスにあの娘の首吊り死体。その姿態は遠近法で透写されたけれど低血圧の彼はいつも死んでいる(ような)様態である。果たして椰子の身がbananaの薬がバオバブの爆発物がビーフストロガノフになる日が来るのか、アーシュラーの祭に神輿を投げ込めば、ほら酒樽に青酸カリが溢れて何だか目が痛い喉が渇くから呑もうよオーロラが零れたフィンランドの丑三つ時の空を。

f:id:haiirosan:20170310214029j:plain

f:id:haiirosan:20170303154545j:plain