haiirosan's diary

散文とか

クーラーの無い教室に浮かぶ、縊死体の揺らめき

f:id:haiirosan:20180713191617j:plain

歩道橋の水平線上、
焼けつく夕日に手を振るのは
いつも日々の泡だった
彼方を彷徨う「墜落を夢見た亡霊」
硝子のような夕刻と夜伽の障子
さし込まれるナイフに映る人々は今日も無観客試合を演じて、最期に遺るのは始発電車の放つ無呼吸の悲鳴だけだ、と。
落花生散らばる貯水槽、
一輪の椿と零れ落ちる右眼、
未だに鳴り止まぬ偏頭痛を模したサイレン。
ドーナツを溶かし、
ドーナッツを焦がした裸の太陽に
不敬罪の敬意を示さなければ
君は藍色のキャンバスのまま、
君は轢断欠席のままだよ?
傍らに立つ断頭台の女
或いは超新星の揺らめきに
不意に視た終幕の夢のはじまりは――

「打ち上げ花火濡れて 
唐傘目玉を抉る
首吊りの夏祭り 見世物小屋の行列
鼈甲飴の朝日 桜を犯す月曜火曜
薙刀翳す女学生
季節はずれの時雨は紅く」
蚊取り線香磊落せり
茹だる夏に注ぎこむは新たなる冷熱
早過ぎた埋葬と紅葉を抱擁するのは
ボタンを留め忘れたシャツと冷たい夏
「   」だと嘯く。
あまりにも早過ぎた夏
水の無いプールに浮かぶ投身自殺者
あまりにも早過ぎた夏
クーラーの無い教室に浮かぶ、縊死体の揺らめき
――やがて造花の秋が訪れる。
試験管に閉ざされた破滅への烙印
薬液に愛撫さるる薬液に彼らは希望を抱くことなく__散らばった星屑/ドライアイス
/食紅がバニラビーンズの下敷きになるとき
すべての色が亡骸となる