haiirosan's diary

散文とか

明滅するままの秋の葬列

茜刺すモルフォチョウ去りし蒼 残り香のイロを掻き消すように、金木犀が縊死する秋暁。 確かな記憶すら亡くした「君」の葬列を傍観者として、レコード散りゆく雨の足音に耳を傾ける。 唯、金箔が剥がれるメロディが続く あまりにも凍てついた9月の迷宮 私は…

夏爆ぜて旋律鳴らす花喇叭

水熱が花花を彩ることすら忘れて、砂漠のような現世はより深い渇きに呑み込まれてゆく。あの口紅色、揺れるクリーム色は為す術もなく崩れ去って。 夏爆ぜて旋律鳴らす花喇叭 熟れた躑躅燃ゆる辻風に、啄木鳥唸る暁の砂の音階と幽かに滴る蜜の手招き ――ほら、…

安楽椅子のパラダイス

綿飴流るる白昼は甘味を帯びて、獄熱と暗蒼に浸された、いつかの7月に幽かな救済を齎していた。 平行世界の翡翠色は、錆びた車輪と不明瞭に蠢く「なにか」を永延と映しだしていた。 ――夏であったはずのスクリーンを瓦解する、暗い五月雨の宵。其処にあるのは、…

千里眼散る剃刀花の都市

震える指先の爪は淡く。彼方の蒼すら揺らぎに揺らいで剥いだ雲の質感はあまりに糖度と背徳に充ちた、あの誕生日と井戸の底に眠る砂嵐の画面と映り得ない異質も、あまりにも平坦な時間と街の冷たい構成音よりは救いがあるはずさ。 シアンカラー滲む都市は静寂…

奇数の首と春うらら

鬱金色惑いし臓器へべけれて 死んだ眼のまま何処へゆくやら ――混濁した春うらら、葉桜に揺らぐ蝶々を誤認した色彩、幽かに香る現の憂鬱――退屈だらけの夢に圧し切られた奇数の首。 ……疵口から零れた敗血が、再び死の誘惑と刹那の春を描きだす。 無垢の斬首、…

紫のアレゴリー、併走する平行世界

鬼灯火を放つ白蓮の夏日、丑の皿 円卓上に炭化した君の夢幻とネオンライト、 ワルツを踊るのは草臥れたマルボロと渇ききったスコッチだけだから、色夜はまた訪れる。 葬礼の熱病散りぬる夕に むらさきの刃先揺らいで或る。 何者かなにものでもなく切り裂いて…

コンクリート・アイスクリーム・ベンチ

「昨日公園」という名のベンチに映る鏡をかがみのかみと紙を髪を結わえるままに、波乱なき千草はにがよもぎの悲劇を映すかのように枯れていった。 あまりにも神が余剰な生産ラインが流される、ちゃぶ台がひっくり返ったままの居間に陣取るTVスクリーン。アイ…

PHASE 1 CLINICAL TRIALS

薙刀の如き光刺す秋の血小板 彼らは自ら傷つき 自ら血を流す 踊る影絵 欠損すら忘れ 血を纏う黒焦げのワルツ 幽かに遺る水緑の清廉も やがて茜の牢獄に引きずり込まれて 葡萄棚垂れ落ちるシャーベットは 匿名の心肺を柴に染めて―― 夏の終焉、麦わら帽子を喪…

色素色づく胡蝶の夢

楽園の黄昏は幽かな波色を湛えて―― かつての「私」の視界に 穏やかな終焉のフィルムを円転させた 無表情な境界線 黒衣の鉄格子にゆらめく焔の色彩は いつまでも艶やかさを抱いて…… 無回転の夕陽、恒久なるノスタルジア 影絵が光を飲みこみ 夕刻の針は鋭さを増…

救済なき砂塵と因果律

終秋のかさぶた曝されて 季節を愛撫する蝉時雨は不協和音を奏でる 茜と鬱金の明度に眼をやられ 盲目の憂鬱が色を亡くして彷徨っていた―― 燃えあがる 倫理の造花 色めいて 煙る刹那に 瞳孔開く 第三次の末路は無限の廃墟と温もりなき遺体、彼方のサンスクリッ…

きっと世界の終わり、蒼が砕け散る

ノスタルジアに浸されるのは 夕暮れの朧が着色料を脱ぎ捨てたから ――きっと世界の終わり、蒼が砕け散る 情念渦巻く獄雲の彼方、 水色の楽園は其処で待っている、と―― かつての栄光或いは白昼夢の詩は、 今や形骸化した八分音符へと 変換されてしまった。 鍵…

水のないプールのナイフ

隠されし藍を求め彷徨う巡礼者たちは、 蒼影の砂漠に引きずり込まれてしまった。 自らの正体をなくし 傷無き破傷風に悶える暁 鈍色の奇数 偶数で瓦解する膿のような、 沈黙のコンパスの針が心臓を貫く時 青ざめた太陽と月が融けあうから―― パステルブルーの…

黒壇の絞首台に咲く花火とラストシーン

虹彩蝶々心肺を抉る夜 狂う羽音に星屑雨は 災禍の色彩を携えて降り注ぐ―― 無機質なるアスファルトは 灰色の百年戦争の罅を遺したまま かつての「神」を土葬へといざなった メランコリー、 気の触れた街路樹、 猿の死体は鬱金色 、 蜂蜜とアマレット溶けて 水色…

石榴飴の着色料は死の色

夜色のカマツカの甘美に揺すられて、通続的な水音は私に緩やかな酩酊と睡魔を催す。 ……仄紅く冷熱を帯びた水底 そこでは秋の牢獄から脱獄した影が ゆらゆらと彷徨っていて 季節は亡骸と化した 血塗れの刃先を寒風に晒したまま―― 砂漠色、毛細血管、蠍、砂塵 …

カルキ無き水槽

睡蓮の葉に隠された遺体 その冷熱を夢みる魚は いつの間にか虚ろな午後の陽射しに包まれて…… 網膜から剝離するスクリーン 曖昧な祝祭のような、 綿飴のような火刑に 自らの体温すらも忘れてしまう 障子沈められた蒼白 カルキ無き水槽に笑うのは シャッターレ…

上海瑠璃と麝香唸る雨

アレゴリーの花花融解して、かつて水色を湛えていたはずの空も、天鵞絨の終幕を垂れたままだ。 ――やがて、全ての輪郭を曖昧にするイロに濡れて、(あなた)の思考と左手に茜が滲む。 上海瑠璃と麝香唸る街――レプリカのカクテルが酔酔を齎す時、私の網膜はス…

パンダぶーたんかれーラーメン

カレーとパンダは紙一重と、かつてオセアニアに住んでいた頃は云われていたが、現代・2120年の惑星ソラリスでクラリスを寸胴にぶっ込む憧憬は、まるで家系直系ラーメン屋における事件性の低い淫行という名の冷たい熱帯魚を触れる隠語性――インコがいつの間に…

濾過なき水と藍ざめた心臓

絶夏の花火を夢みた花束は 外科室のような世界で醒めない夢と 冷めきったゆめうつつを彷徨い 霊安室と暁の扉を静かにノックしたんだ 死に覆われた、凍結せし桜花の冬 凍てついた笑みを零せば、氷柱なりし季節の骸 ――透きとおるままに融解すれば 其処には誰も…

溶けない障子模様と琴弦

カーブミラーに紫鏡描く夕刻 禍々しく剃刀滲む藍空 あなたは畏怖に浸された眼をしている 「どうして?」 ――背後に迫る死を纏った足音も、 群青の肌から滴る静脈血すらも、 やがて訪れる深い宵闇が洗い流してしまうのに―― 水鏡に映る平行世界は 夢現にも増して…

百日紅四二八七

百日紅のような夢魔が流す血は影色の境界線と フェンス絡まるサイレンの悲鳴 百日紅誤読重ね薄ぼんやりした視界と 群青のスクリーン―― わたしの血と罪に染まる手すら、 世界を包む、 あまりにも深き断絶に色を喪い、 意味すら失い…… 水色の陰翳を白磁の紅色…

明晰夢と茜時の表象

崩れかけた境界線の障子の向こう 紫陽花の炎が、亡骸を抱擁し続ける畳を柔らかに葬る 幽かな雨音 通りすがる揚羽蝶に彩られて ――色褪せゆく刹那すら、清廉なる青の熱病を携えたままだった 造花の彼岸花香りたつ雨暁 薬指の標本に収斂されし紫の蠱毒は 匿名の…

「私」と黄昏と世界の終わりの音

https://youtu.be/y4ebJNj9JxI夕焼け刻むピアノ線 誰もいない教室の奇数 冷めゆく熱病 鴉散りゆく刹那 「旋律なきサイレン」 無表情な悲鳴を奏で 暗い影を世界にそっと導くイロ__色を喪いゆく葬列が 遺失物と死亡記事を探し回る ――溶けない茜色 焼け落ちた…

夕暮のゼリービーンズ溶けて、

刎ねる首鞠蹴れば白粉朱くなりにけり 転ぶる排骨唐傘ちぎれ雲淡く 花びら濡るる身毒丸と 唇刺すは麻痺セリ長月 ――映し鏡映さぬ虚ろな鋼鉄 陰鬱な因果律に鼓動を求めても 此処には何も無いことを知れば ブラウン管はノスタルジアではなく 悲劇の象徴だと、 そ…

茫葉に隠されし百日紅の気管支

紅葉のフィルムに逆行する溺死が浮游する。 血に濡れても尚、伸ばす手とサイレンの唸り 白衣が爪弾く猟銃のざらつき 救護されるべき血小板に明日がみえない 細波のような遠き雨音が、心拍を拐かして__ 「此処は藍色と宵色を見失った街」 暗渠明滅、蒼白ノ…

海辺のような暁、痛絶

累積せり警告を業炎に投げ入れ 波間のような沈黙に浸れば 私と「わたし」の縊死体が 幸福そうに揺れていた 水面に浮かぶ左手が掴む救命の偽装 偽りに偽りを重ねた手錠 錆びついたうつつ、時計の針折れて…… (夕暮れ夢)は カーテンから射し込むナイフが切り…

カステラ滲みる砂場と電気椅子

深層の洞窟を駆け回るラスコーの亡霊 出口なき迷宮に抱えた首すら諦観を交感する 裸足切り裂く砂の薔薇、右目切り裂くルイスの剃刀 崩れる教会石化硝子 溶ける十字架茜に染まり AM.2:00,アスピリンの翠緑は明度を深めて…… 攪拌する太陽を人差し指で掻き乱し…

造花の桜花とクロール

脾臓飾られしフィルムの内面のフィルム 零れ落ちたクロールの残影 バタフライの鮮やかな水死体 彼女らの影は 止血剤を無効化して―― 熱砂に気の触れたステンドグラス かつての鮮やかさを救済もなく喪い…… 十字架が少しづつ色褪せてゆくことを、 誰もが黙視し…

薄荷飴溶けゆく夏

薄荷飴溶けゆく夏に倒れ臥し遺体まさぐる蟻と黒猫 雨酔いに映る極彩揺らめいて終わらぬ夜と狂い咲く夢 ――ブルーキュラソーにクランベリー溶けて 澄みきった水色に血飛沫散るとき 確かに此処に存在していたはずの 「穏やかな遺体」はトゥーシューズを履きつぶ…

地下鉄、血漿散る水無月

地下鉄、階下に横たわる海柘榴。 声にならぬ声が刻まれた39面 奇数を刻む段数に、偶数はそっと唇を噛みしめる。 剥がされた革靴、暴かれたハイヒールの行方紅に濡れた花片は艶めかしく、階上の紙煙草を静脈血で浸せば 此処には忌避すべき喧騒も、モノクロー…

成層圏、紅色のオーケストラ

淡きリキュールに細波が抱擁を求めて 藍色の頬は幽かな熱を抱くあの空と海(のような)陰画はやがて切り裂かれ 其処に「七限目」はもう存在しなかった 薄荷ざわめくいつかの空白 奇数と偶数の狭間、成層圏とオーケストラ 柔らかな枯葉がワルツを奏でる――彼方…