haiirosan's diary

散文とか

2021-01-12から1日間の記事一覧

密やかな「否」を

密やかな「否」が放たれた時、あの空は幽かな熱を帯びて、全てを焼き尽くした。あまりにも優しき狼炎が、終わりなき夕刻を刻み 世界は(永遠)を手に入れてしまう―― 罪深き処刑台の神、硝子の掌に突き刺さる錆びた釘 震える手足、注射器から注がれる無罪の死罪…