haiirosan's diary

散文とか

全ての蝙蝠傘を亡骸へと――

f:id:haiirosan:20170407163105j:plain

桜花爛爛染まる血汐に華やいで
触れる指先青く悦ぶ
――蒼き夕暮れの舞踏会は、曖昧な死を描く抽象画から零れ落ちた。
「最期の一滴のクランベリー」だと笑うのは、
此処に遺された空白の棺桶と「名も無き墓標」だけだったから。
柔らかなカーペットに溺れるワインスプリッツアーの呼吸停止をただ白い目をして傍観することしかできなかった。

(沈黙に浸るサイレン)

最期を告げる慟哭は狂う憐憫、記憶__
忘れた茜色を君が振り翳すナイフが描きだして。左手__それでも夢うつつは淡くゆらめくだけ、
桃色の痣が雨中に滲みて、人々は全ての蝙蝠傘を亡骸へと変換した。
慟哭なき路上、アルコールの悲鳴
曇天のヴェールが彼女たちの表情を隠匿する__
……やがて、幽かに射し始めた陽光すら、死に浸された色を拭い去ることができなかったから――
暁の茫漠、或いは着色料
層雲のソーダは蒼を帯びたまま、(永遠)のような夏色を柔らかに遊泳していた。
醒めゆく熱の気配、季節は澄みきったナイフを隠し持って、変容と溺死をもたらすというのに。