haiirosan's diary

散文とか

五月雨の炎、放課後の累積

f:id:haiirosan:20150721184002j:plain


幽かな口紅が夕刻に刻まれ、
刻刻と過ぎゆく彼方のリキュール

揺らぐ蒼に藍の氷溶けて、より深き水底に誰かが酸素を求め、彷徨う。

冷たいグラスの肌先には、幽かに眠りと炎へといざなう誘導灯が円転し続けて。

かつての呼吸も今や、老爺の死と共に天井の管から虚無が漏れる。

奇数から偶数への判決

ページ数の無い議事録……
刻印された手術痕――存在しない霊安室で笑う白いシーツとアルコール
掠れた声が黄昏の街を駆け抜け、今、放課後は死体の累積が8へと変換される__

五月雨の炎揺らめいて、体温の無い街は鮮やかな焼死体へと変換された
水素基号香りたつ車道に、
死者への花束が潤う歩道に、
色素はより深く熱を帯びて__

黄昏は世界の化粧を暴きだし、裸の罪は這い回る王の内臓と宝石を亡き者へと追放する。
覗かれし冷たき深淵よ__王座に仕組まれたヒ素の可憐なる青を、暁に一匙零せば、

無慈悲なる太陽は暗い影の死者たちを携えたまま、笑っているから。

心臓の散弾散りゆきし春空

穏やかな犠牲者は霊安室の凍土に怯え、その左手を震わせたままだった。
流れゆく秒針の欠片、
うつろう季節に 触れたのは?

__

朽ち果てし音階、触れぬ指先、

廊下に伸びる影は散りゆく鴉のように砕けていった。
逢魔の歩道には不鮮明な旋律と不可解な焼死体が佇む。
かつてのドレスは雨の無い葬列に抱かれたまま

最期の花束すら燃えあがる夕刻に、柔らかな鍵盤が揺らぐ。