haiirosan's diary

散文とか

薄荷飴溶けゆく夏

f:id:haiirosan:20190811142417j:plain

薄荷飴溶けゆく夏に倒れ臥し
遺体まさぐる蟻と黒猫

雨酔いに映る極彩揺らめいて
終わらぬ夜と狂い咲く夢

――ブルーキュラソークランベリー溶けて

澄みきった水色に血飛沫散るとき

確かに此処に存在していたはずの

「穏やかな遺体」はトゥーシューズを履きつぶして

揚羽蝶は哀歌に浸されたワルツを踊る。

飛べない翼、それとも飛ばない翼?

暁の眩き光に、炎は消失点を喪う

繰り返す鈍色

繰り返す出血

鋼鉄の蝋燭に夕刻の焔が灯されて

行方不明機の排煙が彼方の世界に終焉をもたらす__

催すような暗い影は私が「わたし」であることを奪い去って、

夏がまた嘲笑うことをやめない。

現実の組織化された混乱、溶けていく無意識

業火の蜃気楼、私が佇む奇数階に不穏な蒼が零されたから――

ここで視ていたリアルの遠さ、踏み外したままの新宿の灰皿が行方不明者となる。

揺らいでいたスクリーン、咳、咳込む音色に革靴が浸透圧に潰されて

二酸化することは罪なのか?

気の触れた潮騒と4階の窓が、溺れるだけのクロールを描く。

焼け落ちてゆく逆さまの海。
全ての二酸化炭素は無表情のままに

かつての青空と蒼雲を轢断してしまう。
偽りの夕暮れが永遠の懲役刑を告げれば、

あの日の鐘とアイデンティティは「なかったこと」になるから――
やがて、柔らかな祈りを放棄した貴女は唇をずっと噛みしめていた。