読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haiirosan's diary

散文とか

火星のホットスタウト、俺は絶対に殺してやるとあのチョコレートカラーの王族気どりに誓った

f:id:haiirosan:20161209170141j:plain

39度5分、関節の痛み、頭痛、立ち眩み。
一滴の酒も飲んでいないはずの造花(※名称不詳)は二日酔いのごとき酩酊転落篌犖堕落する様はまさに狂乱の極みだった。
何処かに電話した気がした。その後ぶん投げたスマートフォンは意外と重く、投擲物が携帯電話ですら、MKの記録の足下にも及ばなかったことが自殺の要因であると書かれたい。どこに?どこかに。
一時間くらい朝日を観ていた。太陽は薄汚れ、青はいなかった。他人の足音、空缶の死体、そこらのコンビニで誰かが買うモーニングコーヒー1本と500ml缶酎ハイふたかん。

f:id:haiirosan:20160927163128j:plain

長年の酷使に次ぐ酷使、それに遺伝というか絶対遺伝だと思うねで視力はぼやけ、聴力は多人数や不特定多数喋り声を遮断する為っつうか今もそうだけど凄くイライラするから、わざと悪くした。とはいえ、耳は他人より元々良かった、或いは先天性の神経症的何かがもたらす哀れな幻聴だったのかもしれないが。

覚束ない手足、覚束無い視覚、おぼつかないあたまはうまれつき、DD目指し突き進むしかない火星の運河を自転車でこぐ。
見きられた人 参の死体、肥大化した蘭の爽やかな振りができる朝。そんな朝を切り裂く俺を、ピラルクは怯え、カンディルも怯え、しかし、猛然と突っ込んできた1匹の蚊。彼に刺された刹那、僕の両目と臓物はサラリと半径50米以内に飛び出してしまった。

造花
生花
雑草
果実

「こりゃラーメンだ」
「こりゃソーメンだ」
半年に一回くらい見る、パチ屋の警備員もとい、ダーティハリーのような凸凹コンビが俺のパーツを触る。神経潔癖症には死刑物の行為だ。
餓鬼の嘔吐、いや歓喜。ツイートしろよクソ死に損ないの低脳のくせにイキがっているブタみたいなガキども!
すると、特に悲鳴も何も上げない初老の婦人が、流石に廃品回収にあせる俺に「今日はトマトジュースも百円よ」と不意に囁いた。

俺はその一言により、航路を即座に変更。廃品回収もそこそこに(多分この時に肝臓と脾臓etcを少し忘れたと思う)、スーパーへとdiveし、トマトジュース100円、そして残った小銭でスタウトビールを入手。一度態勢を整えると共に燃料を補給しようとし自宅へと帰還したのだが、これが大きな間違いだった。

f:id:haiirosan:20161127102931j:plain

ダムで踊る少女のリムショット

f:id:haiirosan:20161203095241j:plain

決壊する心、少女がしょうじょでなくなった時、彼方の記憶は貴女のものだと、ライ麦畑で云われたら何と応えればいいのか。

救難信号を黙視する黙示録。白い世界の終わり。誰も燃えていないのに、誰もが十字架を逆さにする。
神のいない海、沈黙或いは誰かの慟哭。

f:id:haiirosan:20161202162500j:plain

散らばる空き瓶の変死体
空想の逃走、観念的な鴉に釘を投げるのはやめろ
黒に染まる
黒く濡れる
傍観者の白磁の傷
その首がマネキンならいいね
理科室のミルメーク
珈琲と誤飲
アルコールランプの夢
二日酔いから醒めない今
終わらない七限目
誰かが眼に射し込むナイフ
諺を実践したと供述
……ところで、「諺」なんて読めばいい?
笑う猫にはにかむラムネの泡
雨も忘れた白鳥
太陽の作り笑いだけが真実と
カーテン越しにバームクーヘンの終りが三日月模様

f:id:haiirosan:20161203093946j:plain

そして私の視界はどうしても0.1
全てが抽象的に見えるから
もう何も言うことができない

キャベツ太郎と私

f:id:haiirosan:20161121153641j:plain

緑内障に猫が嘆くが、私は白昼は宙ぶらりんにいるんだって。
気の触れた洗濯物
期が満ちた乾物
ボンネットのボーカル
コルベットにヴェルヴェット
今やマニュアル車なんて死者みたいなのにね

f:id:haiirosan:20161114194934j:plain

キャベツ太郎、30円。いつかの駄菓子屋いまや形骸化形而下して時価で跳ねあがりやがる90s Rockの半音下がるコード進行。
明かりを消せば恐怖
アルビノなんて、アクアリウムですら溢れそうに蠢いていた躁
明日を夢見るとすれば、
リフレインのハーブティー
冷蔵庫の炎症
心臓を象れば キャベツ太郎がニューナンブ・リボルバーでアンタヲ射殺するさ。

キャベツの缶詰めはなく
トマトの缶詰は開く
チカーノパーティー
コルシカのロシアンルーレット
キャベツ太郎はマグナム357というよりレミントン

海苔、海苔茶漬けにコストパフォーマンスを求める奴ら
彼らに
鮭かアラレか選択肢に死はない!
僕がヤカンを死なせようが
僕のハンドガンがジャムりようが
ここには聴衆などいない。
スタジアム・ロック、9回裏
限界集落な緊張感或いは刹那の瞬間が訪れるまで、僕のキャベツ太郎は持ちこたえるのか?

I LOVE You? I Hate You

キャベツが時化るまでに やらなくちゃ
ヤラナクチャ

ポップコーンを貪る君は此処が何処かって

f:id:haiirosan:20161114111301j:plain

映画館の片隅、蓮の花すら用済みな季節、何月、今何月?
居間にいる君も7月だって思い込んでいる。

籠った音響、赤軍、17歳
彼らの末路 枯れるは道路、歩道、その先の青服は色彩が乱れるから。
ねえ、その赤いサイレンと一緒に刹那に消えてよと宣えば。
茜の麦
茜の有意義
茜は無意味
そういった君を殺しても意味はあるのか

f:id:haiirosan:20161112153614j:plain

浅い夢、浅漬けは用づみだって、朝のスーパーですら淫らに提示する

10 10 12 13 14

奴らは15の夜より偶数を求める
クソッタレな罪悪感もなく
クソッタレナ嫌悪感もなく

焼かれるのは私だけだって
どうにも楽観主義な
落花生の殻に引きこもりたくなるよな
枝豆の主張に酒池肉林と以外誰が返答するのか

f:id:haiirosan:20161103163358j:plain

緑の地獄
そこの
其処の
底に
キャンベルスープのAbstract Colorですら
返す言葉も無いってさ

へいキッズ!ポンジュース、biasにカイアス

f:id:haiirosan:20161105161444j:plain

逆上がりの餓鬼。柿、秋の裸体に包丁を撰ぶ時季。
猿蟹合戦、ラッセンの絵画と見間違う。
敗戦国の嘆き、バトン、Latin、カートコバーン

そして、僕はソーダ水ヲ買った。ををヲに変換するのは、酔っているからじゃない。
ぬけた炭酸、アホ抜かす地上の痴情
コーラ、cola、コーラス
ヴァース・chorus・ヴァースなポップスよりはタイクツしないと、tofuなパックが夫婦でのたまう。

f:id:haiirosan:20161105161055j:plain

秋は始まった
みんな死んだ みんな病んだ
僕は笑った、ただ笑った
そこに意味はあるのか
それに意味はあるのか
匿名の盗作
仮名の盗撮
偽名が排泄
くたばるような梅酒、青梅の悲鳴を路線は無視してはならない
カバンのランタン
絆創膏は読了不可
怠慢にランチパックの切っ先が頬染めるけど、赤に朱以上はない、ない、苺の庭

そして、夕暮れ鉄棒。
君は首を吊る
僕は意味を図る

雨が雪に変わる時、鉄塔には誰もいない

f:id:haiirosan:20161008170512j:plain

茜の季節 夏が暴走する矛盾と理不尽

現代の文化は冷房
近代文明は団扇
僕らの戦争は氷を求めることじゃない
彼らの紛争は地域不詳の何処かの街

ああ、かき氷で心臓麻痺、或いは心不全で死ねたらいいなと思いながら
早10年。
ガリガリ君、彼には(さん)をつけないと。
彼が産まれてから何年だ?
あの青 彼の藍
そろそろ円形脱毛症以上ができても良い歳じゃないか
冷めきった庫内で 彼は健全なまま何十年

そう、最果ての国にいるような
最悪の暮らしにいるような
彩色の蜩を愛でるような 幻覚の夏

f:id:haiirosan:20161020153938j:plain

夏が終わり 一重 二重
死ねば誰もが他人の世界に行ける
死ねば君にも笑みが戻る
蒲団を嗅ぐまもなく、アンタは窒息死
俺或いは何処かの誰かも最悪だから、毎晩最果ての夢をみて
そして最低の気分で死んだように生きている

f:id:haiirosan:20161008164417j:plain

ドラム缶の中身はミミックでもなくTNTでもなかった

f:id:haiirosan:20161008162051j:plain

飛べない空、飛び降りれないビル666

私の夢はテンプレートなラーメンの味覚にぼやかされて、嗚呼、嗚呼、即視感で憤死。

君の階層に果たして私はいたのか?
集会の白衣具合、舶来品に羨望と戦争を妄想するカールソンは、もうこの世にいない。
土産物に墓石の倒立、6,6,6 首のない世界が俺の望みだ!と宣うアイツも、今じゃシャチの撒き餌じゃないか。
僕らが鰯とラブレターをぶら下げて騒ぐここは、水族館という名の集団心理な牢獄。

f:id:haiirosan:20161014171256j:plain

敷かして夕暮れ。
花の絨毯 神の銃弾
花見を拒んだ四月の君は今は忌の際だね!
そういうと、銃創の君は苦々しい表情を隠せない
ミミックが隠れ続けることを我慢できないように
ハムライスのハムが瞬く間にその姿を曝すように
暴かれた夕景に、君は新宿駅東南口ですら焼身自殺をできない。

f:id:haiirosan:20161008164234j:plain

そして世界はサイダーが水だと宣い
透明の朝明けの読み違いも気にせず
水泡と飽食で死ぬのさ