読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haiirosan's diary

散文とか

日曜日、少女は海を凝視していた

f:id:haiirosan:20121007131246j:plain

――それは潮騒の残酷な記憶。無表情に繰り返す波の白と時折混じる赤、見上げた空は汚れのない青に満ちていて、その中を滑空していたカモメの群れが、海上のテトラポットや右眼を喪った釣り人に目がけて墜落していく――
 或る日曜日の昼下がり、そんな海の情景を十代前半と思しき少女は唯凝視しているだけだった。水玉模様のワンピース、白い素足に絡みつく柔らかな砂と蟹の鋏、不意に静寂を切り裂く汽笛やサイレンの音すら、少女の視線を逸らすことは出来ない。
「私は明日が怖い。逃れようのない現実に切り刻まれる感覚がするの。孤独、無力、疎外感、絶望、あらゆる負の感情が私の身体に覆いかぶさってくる気がして。此処で海の音や空気を感じていることは抜け殻のような私の身体と心にかろうじて生を吹き込んでくれているから」
 さらさらと流れゆく、破傷風を忍ばせた砂塵。立ち尽くす彼女は社会、いや現実世界そのものから疎外されてしまっているかのような印象だった。明日行く所は?友人は?恋人は?家族は?そもそも私自身の名前は?答えられるはずの問いかけすら答えられない、何も無い空っぽな虚無な存在なの、とさらに呟き、呻き声と共に足元の砂のキャンバスに大粒の紅い涙を垂らしていた。

――時は経ち、何となくやり過ごせた気分に浸る日々、今日も正常だった幸せだったと皮肉めいた台詞を吐く余裕すらすでになく、幾多の地獄の季節は健忘していく記憶と共に瞬く間に過ぎ去って行くが、どうしても少女と居た海辺の記憶を忘れ去ることは出来なかった。
――あの日、何時の間にか茜色に染まりゆく空と海岸線、うねりを増しあらゆる物を呑みこもうとしているかのような波、穏やかな午後は彼女の涙と共に息苦しい程の不穏と不安に満ちていて。
 やがて振り向いた彼女の瞳は白が黒に塗りつぶされ、その瞳からはどす黒い涙が延々と流れ続けていた。そして、裂けた口元からは酷く歪んだ、だが何処か哀しげな笑い声が響き渡っていた。乱気流に揉みし抱かれているかの如く、不規則に揺れる少女の身体。 黒、クロ、くろ、生々しい不協和音、白と蒼を喪い、暗く沈みゆく日曜日。これは現実なのか幻覚なのか?鼓膜と網膜から「何か」が垂れ落ちる感覚すら明滅する悪夢のワンシーンのようで。最早僕は狂った海を凝視することしか出来なかった。