読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haiirosan's diary

散文とか

火星のホットスタウト、ふざけるな絶対に殺してやる

f:id:haiirosan:20161218114256j:plain

レンジでチン!チンチロチン~
医師の拷問のごとき検査により、インフルエンザが陰性だった俺は未だに39度5分あるというのに、ウキウキ気分で自宅キッチンに立っていた。
ヒヒヒヒ、好きなもの食えるし飲めるし、インフルじゃないから村八分にもならねえ。ここからは俺による俺の為のTIMESの表紙だでもっとノルしかないなナァ。チャー坊!
そういう訳で買ったのはスタウトビールとおつまみジャーキー。買い物中、俺の横で妙な挙動のおっさんがレバーペーストを開封していたが、思うに開封しないで挙動不審なだけならまだ境界線上で正常。だが、開封しちまえば瞬時に狂人のレッテルを貼られてしまう。レバーペーストだろうが、コンビーフだろうが、彼は白昼の狂人なのだ。
で、ジャーキーを開けばクソみたいな畜肉の臭い。僕は似非ベジタリアンだからタケノコの里かキノコの山を買えば良かったのだけど、然し歩道三センチを轢き逃げに掛かる餓鬼の目を見たら、どうしても菜食主義者の仲間入りをすることが出来なかった。
多少悔しい、梅干しの読み間違い、悔恨の蒼、海辺の哀悼。
しかし、つまみをまた買いにいくのはダルい。だって村八分三田祭』も7曲目、「あっ!」まで差し掛かっているんだぜ。因みに次曲名は「んっ!」
そういう訳でモサモサとジャーキーをジャンキーの如く喰らい始めるアイラブバロウズ、アイラブギンズバーク。
さて、いよいよホットスタウトを作る時がきた。作り方は極々簡単。ビールを耐熱性カップに150ml入れて数十秒温めるだけ。
ガチャン、ソイヤ、ポチ、チーン!
おっしゃ、できたど。頂きまーす……
ヴォエエエ!!!アッチィイイイイイアアア!っざけんなよしかも味も劣化しているやんけェ!
痛む唇、口をついて出る本音。
口直しも火傷で味がしない。ビールをそのまま飲んでも、最早後の祭りだ。
失敗した、何をやっているんだ俺は……失意に暮れる午後。村八分のアルバムは最終曲「ぐにゃぐにゃ」を終え、俺の心もねじ曲げていった。