haiirosan's diary

散文とか

空白のプール、鬼門と不協和音に__

f:id:haiirosan:20190715114620j:plain

緩やかな業火に影絵が溺れる
輪郭すら喪った「誰そ彼」に
私は赤い靴を求めて彷徨う
裸足の熱傷
青い砂漠
淡い帳
葬送


音色がイロを喪う
音がワタシノ意識から
剥離する
鼓膜の楽園?
網膜の獄炎?
「鬼門をくぐり抜けたから__」
シームレス
シームレス
冤罪少女は水死体のまま、空白のプールの中でそう囁いた。
指先の色だけが、アスファルト
しがみついては崩れ
しがみついては崩れ
淡い業火と劈くような悲鳴、哄笑。
歩道橋にて、血溜まりの紫陽花に焼かれる彼には、誰一人として見向きもしないのに。
貴女の包丁と返り血
彼の傷痕から滲みる「無」
逆さま+-%はざまさ かしまレイコノロイハとけないJPOP3:00JUNKFUCKシロップ入りスターバックスデトックス
「祈り、愛、政治、宗教、淫らな死」
俺らは此処で何を燃やせばいいのか?

裸体の美術館
僕らは死体のような目
硝子の浮遊
死、死体を叫ぶな!
批評家は不協和音を奏でる
欠損の×弦
空白の座標に
私は(無)しかないから、
――貴女は高らかな叫び
穴の空いたベッド
汚れなきウェディングドレス
血、血、敗血の悲鳴
水色と記録
不協和音の鉄塔
影色の彼女の首を轢断したのは
傘に憑かれた裸足の少女だった
破れたノート
錆びた鉈
血を流すピン留め写真と記憶
止まない雨が隠滅する色彩に、君はいつまでも壊れたソプラノを捧げて__

猫の海で「牛の首」の話を――

f:id:haiirosan:20190315183011j:plain

墜落したブラックボックスだけが、微かな産声をあげた。
0ばかりが刻まれる画面に、少女はリキュールを突きつける。
水色の海、深紅の空、翡翠の日曜日
イロに憑かれた月曜日に、彼或いは彼女が絶望の鈍色を選ぶことを誰が――
そう、「猫の海で(牛の首)の話をしよう」
殺戮の神はそう呟いたけれど、此処には全てが消失した形跡しか残っていなかった。
不在票が齎した怪異を、彼女らは如何に弁護するのか?
破られたF.K『判決』の最終頁、彼の心を塗り潰したのは、途方も無く空虚なボールペンの傷痕だった。
緩やかな死と指先の敗血症、音階は脆くも崩れ、テトリスは永延とブラックアウトしたままだ。
嘆きの植木鉢に供えられたウォッカの腐敗が告げる晴天に、蜃気楼は唯、自動筆記を繰り返し続け、
風切り羽が花火と共に墜落してゆく。遊覧船に佇む48の亡霊の拍手喝采に、錆びついたシャンデリアだけが救難信号を発信する。
明滅する光、色彩を剥奪したその左手に、そっとメスをいれるのは__
見えない水が穏やかに囁く「肥満な死」は、きっと自らのことでは無いと、這い回るしかない廻廊の廻間で私の眼は渇ききっていて。
酸素を失うだけの葬列で、いつまで君は造花の花束を揺らし続けるのか?

Sand Graffiti

f:id:haiirosan:20190630182610j:plain

蝙蝠の円卓に夕暮れは瓦解する
銀杯に這い回る偽りの夜
呼吸すら忘れて
色彩すら渇いて
飛び去る闇夜 墜落する光
血が滴るウエディング・ドレス
火葬場には少女たちの笑みしかない
灰の偽装と添えられた造花
枯葉の調べ
百年の孤独
空白の歴史
独り、
――正体を喪うだけの街角
消失点の叫びが轟く時
あまりにも静かな炎舞は
貴女の脾臓を喰らい尽くす
黒煉、楷書体への糾弾
キャンバスの悲劇はいつも茜色
取り残された微かな感情は__

砂が描く雨にみとれていた
カーテンの境界線を切り裂くのはいつも
透き通ったビーカーの矛先だから
左手から零れた錠剤も
砂塵へと回帰した刹那に
貴女は錆びたナイフを突きつける
黒猫と葡萄酒
麻の祈りと星空
円転する円転する、廻るだけ
唯、輪廻の果てにあったのは
熔けきらないアイスキャンディだったから。

カナリアのラジオシフター

f:id:haiirosan:20190623110954j:plain

終焉を迎える-4,柑橘と藍色殺人の不明瞭に彼方のピエロとボウリング・ピン、轢断偽装死体、嘆きの水瓶で笑うラジオシフター、
香料
轟音呻く高架上に遺された君の赤い靴がそっと忍び寄って――

夕刻の打ち上げ花火に沈む夜空の深度は
夕刻の打ち上げ花火に砕ける夢のカケラの行方は
夕刻の打ち上げ花火に融けるかき氷のイロは__

藍色の空に赤が滲む時、それは終わりの標だと君は嬉々として歌った。
彼方のカナリアは行方不明
街は緩やかに瓦解して
海辺の悲鳴が国境線上に響くとき
エンドロールだけは穏やかに円転していた。

「蒼白の無効」はアスファルトの暁が揺らぐ臨界点で決議された
白骨化した握手の形骸化に
(3)がAIの網膜にちらつく
揚羽蝶の嵐 蛾の誤認
認識を無意識に比喩して
心臓は暗喩へと歩みを進める

f:id:haiirosan:20190623111320j:plain

白雷のレンズ、修羅と花

f:id:haiirosan:20190617183857j:plain

沙羅双樹と剣山に君の投身は陰画を描く
咲き乱れる修羅の花
骨だけになっても尚、切り刻む火葬場
みずうみに浮かぶ蓮の葉
みずうみに沈む罪の残滓
紅蓮に抱かれた夕刻
針だけが正常な教室
聖杯を奪いあう迷路に
貴女の首は何処に置かれた?
渇いた葬列の造花が枯れる
無人の棺桶と白衣の足音
夕暮れの暗い視線すら
彼らに正体を齎すことなく
血のこびりついた田園
血を纏った死者は誰?
血を零すのは__
――渇いた葬列の造花の歪み
春雷をアイスボックスが愛でる
ザザ雨はスピーカー蹴散らして
焼けつくコンバース
透き通る青い眼
左利きの6弦が宙を舞う
夏の水彩画は寒さを増し
季節外れのコートは色褪せて
彼女のマイクスタンドは折れたまま――
白雷のレンズが藍水に浮かぶ
傍観する影、綿雲焦げて
逆さまの蝶は翼を喪い
かつて空だった海に溺れて
五線譜に刻まれた蒼は
誰かの憂鬱と共に彷徨って彷徨って
――ほら、藍色のトリアージ
緩やかに、静かに這い寄っているから、

リキュールの海岸線と皆殺しの庭

f:id:haiirosan:20190608172419j:plain

梅の花に待ち針が突き刺さる
食紅の雫と鈍色
見えない糸と道化師
五月雨は無情にも庭園を焦がし
少女たちの手錠の鍵を紛失した
何処かへ流れてゆく水のカケラ
何処へも行けないような祈り
何処へ行けば――
此処はリキュールの海岸線と首切りの庭
淫らに滴る敗血に
彼女たちの凱歌は轟々と夕刻に響き
皆殺しのホーンは熱を帯びてゆく
ブルー・トライアド
行方不明の数列、配列
カウントダウンと共に
宙を舞う花火は息絶えて
パーティーは夜を迎えられない

――Am03:00

それにしてもお茶漬け海苔に浸された喀血とライムの救済にクロコダイルの皮剥と追い剝ぎに這い回る桜の花びら散る風車封建制下家政婦の黙示録登録制のアニメイトクラスメイトカロリーメイトフレーバー7UpGirlホテルバンクーバーも君と砂漠の楼閣と霧、霧が覆い始めたら貴女は火葬場の虜になって――
曇天にへし切られた少女の初夏
アイスキャンディの罪と罰
檸檬色の待ち針、藍染紙風船
沈黙に浸された道端には夏がせせら笑っているのに

暗濘の暁

f:id:haiirosan:20190604090100j:plain

「彼は真冬のプールに棺桶を投げ込みながら、秘かな祈りを唱えていた」
――名も無き証言者は3-A教壇にて、熱弁を振るっていたけれど、錆びたマイナスドライバーの行方は誰にも分からなかった、そう誰にも。
だが、砂漠の果ての油田から溢れる$と黒鳥は、砕け散った鏡に映るバレリーナの二面性とホワイトアウトする儚きラストシーンに、空席(だけが)笑う。
13番目の小夜子、14番目のアイリス刺さる花瓶。
カウントダウンの果て、粉々のチョーク
踊り場に溜まる血痕
踏み外すイキルサイノウ
上履きが深紅に染まるとき、君はアノニマスのままでいられるのか?
暗濘の暁に太陽は触手を伸ばし、蹂躙された軍隊蟻達に幽かな救済を与える。
オーブンレンジ内の破裂と共鳴する少年の内臓破裂
オーブンレンジに幽閉されたアイスクリームの嘆き
オーブンレンジとアラスカドッグフード
繋がれた犬の最期は(無)だってことに
誰も気づいていないから、