haiirosan's diary

散文とか

Lithium,Designer's Snuff

f:id:haiirosan:20170709185802j:plain

終末のカクテルが鏡の世界へと零れ落ちた。幾重にも重なる嘘と虚ろな美、幾度も散ってゆく色彩に私は、何時かの青空も狂った太陽も忘れてしまう。0.4/0.5,この眼に映る透き通ったスクリーンは永遠を刻むことのない永遠。
雨色の飴がソーダ水に溶けてゆく。行方不明の暁に捧げる祈りに光と花束は無く、私は私の名前すら忘れてしまった。君の記憶と誰かの銃声、空気清浄機の耳鳴り、蒼が茜に変換される時、Amはそっと断ち切られるから__

リチウムが過剰な夕暮れ、青い蝋燭が灯れば終わりが近づくからと嘯いていた君は、12月のロータリーで縊死していた。散りゆくだけの百合、輪廻するのは、リピートされるのは――頭の中だけにいる(救い)が、私に終焉の讃美歌を囁き続けている。
霊安室が夏日に浸される。君はその眼からソーダ水を零すけれど、明度の無いハウスクリーニングにトリミングを重ねて産まれた白骨化死体の髪飾りは何時かの揚羽蝶が飛び立つこともなく儚く下天の内をくらぶれば妖艶ならざる狂炎に炙られる魔女の淫靡なスカートの秘 蜜に私は触れたいけれど__

骸骨♭0,5,沙羅双樹にCosmopolitanism,00:00墓場のasymmetry,サイクロップス
ターレーズンの反転から夏だよ夏夏目夏蜜柑夏草枯れて
脳髄爛れた壱両目~八両目、全滅した731ś
平衡性デザイナーズスナッフ
Blu-ray光が無い愛人青蒼藍解雇、
4弦4限長い長いルート♪、±よしこ、「呪怨

Fineの無い楽譜に浮游する茜色の――

f:id:haiirosan:20170930055201j:plain

裸体が埋められた3F,紅花を一枚マタイチマイと剥離してゆく内に幽離する夜明け。

然し、未だ終わらない缶蹴りはライムグリーンのブランコを揺らし続けるし、

私は(ワタシ)を見つけられないから、貴女は行方不明のままモノクロへと変換される。

全ての蒼が過ぎ去ってゆく。Fineの無い楽譜に浮游する茜色のパレット、暗い昏い影が僕らの名前を塗りつぶして、額縁から零れ落ちた世界はシュレッダーの刹那へと__
笑顔のまま裁断される淡いスカートは陰画の真実を空想のまま、彼方へと溺れていった。

La ville bleue était pleine d'agitation et de cadavre

暁を幽かに食紅が湿らせる。赤一号の太陽、青一号の空、電線に絡まる鴉と君の死体。透き通った球体のゼリーは翡翠色をしていて、そこに映る世界が美しいと、いつかの私たちは笑みを零したけれど、今この眼に映るのは__

If this never ends i'll walk until my feet are bleeding

土曜日の快楽と日曜日の叫び」に私は」首を削ぎ続けたけれど、歪な円卓上のイタリアンパンチェッタに殺人未遂の容疑と会合の果ての果てと『皆殺しの天使』の最終電車、最終頁は始まりだとプールサイドの六芒星が囁いて僕らは茜色のビキニを延焼させる午前八時のルームキーと網タイルに引っかかるのは切り裂かれたパンティストッキングと投身自殺体の自己啓発書と濡れたままのレインコートベットRoom334扉を、知覚の扉をメスカリンとメスカルラスカルトロピカル」カクテル」4だけ外れた牡丹ブレーキ外れた俺の心臓。

♭’∉∞ℵ#’, 海辺のコンバース

f:id:haiirosan:20180128170710j:plain

藍色の死が彷徨っている、火葬できない花束、造花の夕景、外科室の哀歌。(はじまり)の無い会話にクリームソーダだけが終わりに近づいてゆく。
夏が過ぎて、柔らかな黄昏だけが網膜を這い回っているから、

向日葵が硝煙と共に枯れていった。32日の路面凍結、足跡のつかない世界とアンダルシアの蟻、花瓶に刺さる花瓶の色は夕刻イロ。
蒼が深くなる度に記憶を喪ってゆく、パーティーの朝焼けに焦がす純粋、アイスティーが沸点に達した時、錆色の冷凍庫が睡りから覚めることすら――

高架線で最期を迎えた少女がビートルのハンドルを切る、160㎞のスリップストリップ、レベッカの6弦、2弦が錆びついた音階に、誰が螺旋と鴎を描くのか。茜色のライ麦畑は404のベッドみたい、そんな風に横切る黒猫が笑った刹那、私の心臓を貫くのは――

星月夜に朝焼けが炭化した。金魚鉢に注がれたラムにカクテルは匿名、気狂いピエロが自らに巻きつけた爆薬の紺色が、高明度の色彩に浮かれる世界への反旗を翻している。
カーディガンを燃やすと秋が、何もかもが奇麗な終わりに近づく、私はそう信じているけれど、ポケットのマッチはもう――

淡いソーダ水がワインに浸食される、葡萄棚の全焼、海辺のドストエフスキー、♭’∉∞ℵ#’,
然し、Aphorismの歯車が廻り始めた時、ウィスキー越しの君は未だに笑っている、確かに綻びた筈のコンバースと10月。その絵画が鮮やかに轢断された時、僕らは切れないスペアリブを無言で眺めていた。

絶望という名の地下鉄、透き通った車窓に揺らぐクリームソーダは溶けないまま、いつかの夏の黄昏を描いていた。1842/を黙視し、蒼く淡く、闇が抱擁する針時計を切り裂くように、
――やがて、グラスにそっと罅が刻まれた刹那、私は秋宵の牢獄に閉ざされていることを思いだした。

「地下鉄は理科室みたい」

f:id:haiirosan:20180217202859j:plain

狭間に蒼と綿飴が揺らいでいた。いつか、錆びゆくメリーゴーランドに座る君は綺麗だったけれど、1989年が翳んでしまった刹那にその眼は茜色に変容してしまった。燃えあがる空、砕け散るオブジェの記憶、すべてがワルツを踊り終えるとき、私の青昼夢もまた終幕を迎える……

そう、錆びついた秤に載せられた私の心臓を視ていた。水族館3F,音階の無い世界で君はどうしてヘッドフォンをしたままだったのか、私には理解できなかった。もし、浮游するのが死骸だとしたら、此処に生者の笑みは無く、ただ水槽が青1号に着色される刹那にそっと息を止めることしか――

虚ろな日曜日を取り戻さないと向日葵が渇ききったままだ。包帯揺れる電線、真夏に死んだ十字架、真冬に笑う紫陽花の歪、秋の牢獄に収監されたピストルと左耳。
星月夜の情景は遠く、遙か遠く――

「地下鉄は理科室みたい」
少女はそう嘯き、プラットフォームでフラスコを踏み砕いた。
朝の悲鳴、不透明家族、不在の革靴。赦されるべきは9月の慟哭だと、早すぎたクリスマスツリーが灰燼へと帰すとき、僕らの忍ばせたダガーナイフは4限目の十字架すら切り刻めるさ。

そして、朝焼けの靄にドレスコードを忘れた紅葉が彷徨う。ウィンカーのでない車が羅列した螺旋階段、転がるコンバース、国道702号線にへばりついただけの静脈血と網膜。ほら、また林檎とブランの錯乱死体の色彩を知らんぷりして、貴女はアップルパイの午前を穏やかに迎えようとしている。

「もし、最後の一人だとしたら、」

f:id:haiirosan:20160604172229j:plain

アルコールの用水路にソーダが流れている、蒼色の刹那、狂いゆく%に浸るのは心か身体か。或いはポップコーンかもしれない。28××年、禁酒法の嵐吹き荒れるいつかのシカゴで観た映画の記憶と記録よりも、彼方のミシシッピ川を游泳する藍色のカササギの羽音が私の鼓膜を緩やかに酔へと導くから。

救済の夕景を君は求めていた。詐りの橙色、真相は蒼白。十字架に刻まれしカナリアの遺言は薔薇に隠され、海岸線の無慈悲に溺れてしまう。誰もいない灯台、誰もいない水平線、可憐なプラム・タルトすら粉々に砕け散った世界に、誰が円卓に紅茶を注ぐのだろうか?

透き通った注射器がカーテンを引き裂いていた、藍色の放課後、紅色の理科室、ビーカーが散乱した車道に拡がる水たまりと終末の狼煙。
僕らは影を喪い、意味を喪ったまま葬列に参列する。鉄塔に絡まる凧が鈍色の風に包まれて、いつかの火葬を待ち焦がれている

「もし最期の一人だとしたら、」
少女は自らの空想にクロールを繰り返す。誰の救助も無い沈黙の蒼、世界を刻むのは偶数制限の数字配列だと。秋雨の中、瞼の下に紫の炎が拡がる、鳴り止まない目覚まし時計とサイレン、血を纏った少女は然し澄んだ眼のまま静かな微睡みに身を任せている。

90%3/4Screen-20481372501

f:id:haiirosan:20170210192047j:plain

雨が網膜剥離を起こす。右目0.1が贖罪されるメリーゴーランドの終点であれば、凍てついた3卓に遺された無言の遺言書とチョコレートサンデーの水滴は90%、

空席待ちと空白
左眼に映る鏡/鏡は私じゃない気がした。私を反転させて(ワタシ)、
雨に濡れたシリアルだけが華やぐホテルの窓辺は海辺みたいだ

五月雨に平行感覚を喪った夜、世界線を掻き消す五線譜の唸りに沈黙であるべきショッピングモールは珈琲色の深い闇に呑み込まれる。――何処かで鳥達が哀歌を歌っていた気がした、或いは夢なのか白を亡くしたレムなのか、永遠に渇くことのない翡翠の造花が嗤っていたような気がしたscreen81372501

嵐の痕に空白だけが碧と共に遺された、遺失物管理の地下0階は改行に塗れて、教室には縊死対が刻むリズムが3/4を描く夢が浸食する。何をなのだろうか?新聞記事38面、終焉の夕暮れはモノクロで若しかしたら白日の凶行だったのかもしれないけれど、今日も世界は虚ろと輪廻の蒼白に溺れている。

逆さまの蝶が地下室-204号をノックする。無音の住人、無言のチェーン、揺れるカーテンが行方不明者を奏でる。やがて静寂に浸されたカーディガンを焦がす煙草と銃弾、Viridian Chordをそっと撫でれば、誰もいない世界からのチャイムが穏やかに忍び寄るから――

――やがて氷漬けの宇宙にチョコレートミントが踊る、流星は誰もが何となく行方不明、惑星は沈黙に溺れている。翡翠色の世界線をそっと跨げば、ファーマシーに駆け込む為の徒競走のピストルは永遠に空砲のままだ。

Borderline Abstract

f:id:haiirosan:20150403220824j:plain

火災警報器と静かなサイレンが長月の終末に木霊する。黒煙の幻聴と静謐なままのテーブルクロス、無人の円卓を囲むウォッカは明度を加速させてゆく。未だに鳴り止まぬ口づけに紅い唇も錆びゆく気配も無く、12番目の少女が血塗れのハイヒールを変死体へと導く絵画の真相は――

――気の触れた水素に白鳥が溺れる、海岸線を歩く彼女の右手に握られたカッターナイフに赤は無く、唯虚ろな蒼が彷徨っていた。救いの灯台は霧だけがたちこめて、倫敦塔の最終頁が切り裂かれた絶望の晴天に、私と君の翡翠の心臓と瞳が芦花文学館で永遠(のような)終点を迎えることを待っている。

何処のバーかは忘れた。浸水するアルコール、着色料で壊れた夜のような朝靄の帳、砕氷のストッキングを愛撫する私はスクランブル・スクリーンに映しだされていて、(ワタシ)の罪と罰は白日の下に曝される。カウンターの90°が89°に揺らいだとき、君の紅いハイヒールの切っ先は――

33の花瓶に彼岸花が突き刺さる。
赤い糸は死の標だと鴉が鳴いた気がしたが、逢魔ヶ時に幽かに視えたのは、解れたままの血管とあやとりだった。砕け散る記憶と水槽、流れだすのは透明な水ではなく、Borderline Abstractだって君は自動筆記みたいに書くけれど、その筆跡からは滲んだ血が揺らいでいたよ。