haiirosan's diary

散文とか

Swim Ciel Bleu Rumble

f:id:haiirosan:20180715222126j:plain

――そして焦熱に晒された世界の中、私は霊安室の椅子に縛りつけられたままだった。

いや、縛りつけたというべきか、試験管に納棺されたブルーハワイと死、猫の爪先に塗られたコールタールに放たれたコットンの染み、散弾銃、羅針盤の行方不明。

蝉時雨に残るのは水鏡では無く、色の落ちた積木だと蒼いワンピースが訴えたが、その裁判記録はすでに赤蟻に食い尽くされてしまっているのに、誰があの日傘の残り香を救うことができるのか?

海辺のジェシカ、恐らく君は致死量の海月に腕を抱かれて、7月は脆く燃え尽きてしまったけれど、アイスリンク上に張り巡らされた十字架には、未だに風切羽の鳥たちが停泊しているはずさ。そう、いつか訪れるかもしれない(清廉なままの世界の終わり)のプラネタリウムを永遠と眺めながら。

どうして、折れた翼の天使は海面に浮かぶのか?彼女の死が壊死だとしても、アスファルトに咲く花が造花だとしても、いつもブルーシートとKeep Outは真相を覆いつくしている。此処に置かれた首は脊髄の視えない透明な雫、此処に置かれた眼球から流れるのはマリアの血とブランデー。

理由はわからないけれど、白いカーペットは沈黙と酩酊のままだ

理由はわからないけれど、赤い部屋で飲む麦酒は僕の喉の渇きを癒すことがない。

理由はわからないけれど、ドアノブが無い部屋の何もない狭間に私は、

体温計が砕け散る時、氷枕が白紙の草紙を提出したとき、講義室は密室と化して、僕は32の花束を買いに行かなくちゃいけないけれど、花瓶に押し込められた注射器と錆びたナイフの記憶を僕だけが忘れていたから、空白の青空はずっと無言のままだったんだ。

蒼い夕刻、茜色の終幕

f:id:haiirosan:20171008181702j:plain

https://www.youtube.com/watch?v=HApEtZwSmR4

 

夕焼けに終わりが染まってゆく
ブルーバード、墜落 気が触れた時計の針
揺れるカーテン 焼け落ちて
暴かれた 汚れた色彩

虚ろな行進 寂れた雨に濡れて
青い階段 踏み外す裸足
突き刺さる 希望の絶望
白い眼をして、僕は忘れてしまう

紅いワンピース 砕け散る、記憶
白波に世界が攫われて
夕日が灰になって、僕らを飲み込んで
沈黙に抱かれ、暗幕が降ろされる

 

https://soundcloud.com/haiirosan-27/another-endroll-ver

 

The end gets stained in sunset
Bluebird, the needle of a clock touched by the crash
Shaking curtains burned down
Revealed dirty colors

Vacant march wet with wet rain
Blue stair step barefoot
Hopeless desire of stabbing
I have a white eyes and I forget

Crimson dress crumbles away, memories
The world was kidnapped by white waves
The sunset turned to ashes, swallowed us
Embraced by silence, the dark curtain is dropped

トレイラーハウスと神が抱くリキュール

f:id:haiirosan:20180101180952j:plain

曇天の線路を赤い十字架が刻む

公園のトレイラーハウスと神が抱くC4

善良なる人々を、葡萄酒漬けの神を爆死に導くのはいつも、

――茜色の朝、コーヒーに混入するリキュール、カンボジアで聴いたラジオを思いだすと6歳の少年が呟けば、向日葵色のランドセルに曼珠沙華が咲き誇る。

通勤通学鞄靴が蘇鉄色に染まれば私たちの雨はやむのか?と長靴を履いていない猫に問いかけたけれど、彼は透明な雷魚を求めて行方不明になっていた。

夕暮れも影絵と化す画家の悲観

夕焼けに炭化する蒼白の終空

また曇天が世界にモザイクを掛ける

単眼の太陽、紫色の静脈管が抽象的に彼を内出血せしめた時、マリア像は慈悲の涙を流すのか、彼女は心臓に待ち針を突き刺すことをやめるのだろうか。

郵便箱に仕組まれたユナボマー肖像画

君の指先も君のマニキュアも霧雨に染まれば元通りだねと彼が笑ったような気がしたから、境界線上の乳母車は心臓発作を起こさない。

輪廻する速達、微かに香る焦熱の匂いとオーデコロン

f:id:haiirosan:20080925174024j:plain

 

ブランデー・ボトルが砕けてターコイズネイルは哂う

f:id:haiirosan:20180701202147p:plain

雑踏に打擲されたブランデー・ボトル。

明滅する世界の構成物質に対して異議を唱える者は無く、ただ飛び去ってゆくカラスの群れを傍観していた。

紅色の空から桔梗の心臓が降り注ぐ。私たちは五月雨の記憶を溶かしてしまったけれど、アイスボックスに閉ざされた奇形は浅草十二階にて、今も翠雨のパレードを繰り返しているような。

未だに0:00の空は吐血を抑えられない。彼は青い衆愚と無感情の時の中で独りぼっちだから、そう呟いたブランデーの残り香もまた――

「林檎と桜桃の轢死体からあの琥珀が生まれる」

スピリタスの街頭スクリーンが昏迷の果てと燃え尽きた燕尾服の標本にエミールの40%,750mlにマッチ売りの少女と赤ずきんの少女の混濁に、あまりに分解されたチョコレートサンデーに紛れ込む檸檬の不発弾。

歪んで視える校庭、それとも交差点。冷たい視線、冷たいコードが私の切れそうな一弦を押しつける。もう飛べないテレキャスターの沈黙が透明な通続音として日々を繰り返す。

死んだようなミリンダのカールコードを断線したのは多分この世界の罪だから、ターコイズネイルを愛撫する私は赦されると書き残したブランチタイム。その背後でブランデー漬けの苺が私の首筋にダガーナイフをあてていたことにも気づかず、永遠のクーラーだけが黙示録を詠唱していた。

f:id:haiirosan:20180701203858p:plain

ブルーキュラソーの水槽

f:id:haiirosan:20180630212505j:plain

死んだような蒼が世界を溺死させ、魚の祭が終焉を迎える時、私は水槽に注がれるブルーキュラソーをずっと見ていた。

「夏に溶ける塩素剤に罪は無い」と『審判』は冒頭に書き記していたけれど、私が注文した200$は未だにリキュールのままだ。

カミュの言い訳に絶望的になった少女が私に向かって「  」と叫ぶ。

然し、テロップの行方、クラップを求めるスクラップ・ヒップホップにスクラッチもレコードも Leonard Cohenのライナー・ノーツにうんざりしたポークビーンズにビーガンの怒りとアラビアータ・トスカーナシチリアン対ベジタリアンの反目と慟哭に俺たちは30歳で此の世を去っていった、濁りの無い一滴の為にLilac WineとHallelujahを。

祈りの旋律が0%により無情に無音になった時、水族館のセーラー服の群れが亡霊と化す。

彼女らが1を――する為に人々はどうして撒餌を拒むのか、ビルからの投身への希望を捨て去れない嘆きの天使、偽装の熱帯林、立ち込める火薬と猟奇殺人の甘い甘い香り。

あまりにも空虚な半透明、海月の夜、LEDの狂気、水の中の葬列。

Reversal Process,反転する平行世界の写真を彼女達はどうしても撮りたいから、僕を13階段から突き落とすことに何の躊躇いもなかったと、東京拘置所のAは訴えたけれど、じゃあ私に科せられた〈淫らな死〉への宿命と序曲の休符は永遠なのかと問い詰められれば、彼らは4人で5つのスイッチを押すことを拒むはずさ。そう、私の唇が渇ききって、土曜日の讃美歌が老衰で積乱雲と化したことにあの鮮やかなスカートの記憶すら、もう色褪せたのだから――

 

f:id:haiirosan:20131026154419j:plain

 

私の蒼いラストワルツに誰も、

f:id:haiirosan:20180128170710j:plain

熱病に蒼が狂い始める。

6月の終末に、僕らは未だにドライアイスを抱えたままで、逆さまの蝶が形而上のラストワルツを捕食したとしても、無音の舞台が暗転することはない。

振り向けば君は忘却の彼方で、紅色の葵をその手に握りしめていた気がしたけれど、蜃気楼の果てには絶望しかないと囁くのは私なのか君なのか。

何処かで鳥が咽び泣く。33の首が曝されても尚、この世界は青さに浸っている。クーラーの黙示録、バームクーヘンが着る青1号、アイスクリームパーラーに遺された選択肢はチョコレートミントだけだと。

解体された人造模型の瞳は透き通って、ビーカーで揺らぐ青い炎がセーラー服の紺を焼死体へと変換する。

「誰にも視えない来客がいる!」と私はいつか叫んだけれど、「多分いつか来るビジョン」と手を繋いだ三面記事に描かれたシクラメンの油彩画の心理的瑕疵に憑かれていた。

誰が描いたのかも不詳なその花の死んだ口元。もう何も無いこの部屋に花束を捧げるのは、青の終わりを宣告する嘘の無い赫だと誰かが云って、私の濁りきった眼に刹那の光が宿った気がした。

雨酔いのドールハウスと鴎の窒息

f:id:haiirosan:20180619122233j:plain

雨の痕がマキロンみたいにアスファルトを濡らしていた。
針葉樹に隠されし罠を私は忘れていたけれど、ロゼワインがまだ桃色のまま笑っていたから、乾ききったパンチェッタと蜜柑飴を文月の七日酔いの為に。
かの王政は私の罪を嘲ることを赦さなかった。
御輿に積まれた猿の両目をえぐりだすべく、僕らは100人の対価を支払う。絶望に捧ぐ讃美歌を一小節奏でる度に、聴衆は首をめくり首をめぐり首をさぐり、ドールハウスの空白、肢体の告白。
然し、僕の弾く6弦を弾劾することは容易いと、彼も彼女も囁いたが、彼らが僕に口紅を渡すことはなかったし、七限目の道徳の授業に机上の32個の花瓶が変死体と化すことは、新国立美術館3Fの蝶も百合の裏切りに気付くまいと傍観者ではいられなかったのだろう。

f:id:haiirosan:20180612024156j:plain

ストッキング揺れる日曜日の午後、海岸線を歩く少女を撫でるサイレンの悲鳴に、僕だけが沈黙を守っていた。
茜色の飛行機雲、鴎の窒息、この世界は息をすることすら辛いと叫び、27歳の彼は散弾銃を手に取った。空砲のトランペットに無表情なミッキーマウス、ダニエルの奏でる無邪気なピアノが銀座の地下一階に木霊した時、屋上の二人が終わりを迎える音を鮮やかに掻き消して、安楽椅子に沈む風船は永遠のパイロットとなり、その名を名も無き少女の墓碑に捧げる。