haiirosan's diary

散文とか

「もし、最後の一人だとしたら、」

f:id:haiirosan:20160604172229j:plain

アルコールの用水路にソーダが流れている、蒼色の刹那、狂いゆく%に浸るのは心か身体か。或いはポップコーンかもしれない。28××年、禁酒法の嵐吹き荒れるいつかのシカゴで観た映画の記憶と記録よりも、彼方のミシシッピ川を游泳する藍色のカササギの羽音が私の鼓膜を緩やかに酔へと導くから。

救済の夕景を君は求めていた。詐りの橙色、真相は蒼白。十字架に刻まれしカナリアの遺言は薔薇に隠され、海岸線の無慈悲に溺れてしまう。誰もいない灯台、誰もいない水平線、可憐なプラム・タルトすら粉々に砕け散った世界に、誰が円卓に紅茶を注ぐのだろうか?

透き通った注射器がカーテンを引き裂いていた、藍色の放課後、紅色の理科室、ビーカーが散乱した車道に拡がる水たまりと終末の狼煙。
僕らは影を喪い、意味を喪ったまま葬列に参列する。鉄塔に絡まる凧が鈍色の風に包まれて、いつかの火葬を待ち焦がれている

「もし最期の一人だとしたら、」
少女は自らの空想にクロールを繰り返す。誰の救助も無い沈黙の蒼、世界を刻むのは偶数制限の数字配列だと。秋雨の中、瞼の下に紫の炎が拡がる、鳴り止まない目覚まし時計とサイレン、血を纏った少女は然し澄んだ眼のまま静かな微睡みに身を任せている。

90%3/4Screen-20481372501

f:id:haiirosan:20170210192047j:plain

雨が網膜剥離を起こす。右目0.1が贖罪されるメリーゴーランドの終点であれば、凍てついた3卓に遺された無言の遺言書とチョコレートサンデーの水滴は90%、

空席待ちと空白
左眼に映る鏡/鏡は私じゃない気がした。私を反転させて(ワタシ)、
雨に濡れたシリアルだけが華やぐホテルの窓辺は海辺みたいだ

五月雨に平行感覚を喪った夜、世界線を掻き消す五線譜の唸りに沈黙であるべきショッピングモールは珈琲色の深い闇に呑み込まれる。――何処かで鳥達が哀歌を歌っていた気がした、或いは夢なのか白を亡くしたレムなのか、永遠に渇くことのない翡翠の造花が嗤っていたような気がしたscreen81372501

嵐の痕に空白だけが碧と共に遺された、遺失物管理の地下0階は改行に塗れて、教室には縊死対が刻むリズムが3/4を描く夢が浸食する。何をなのだろうか?新聞記事38面、終焉の夕暮れはモノクロで若しかしたら白日の凶行だったのかもしれないけれど、今日も世界は虚ろと輪廻の蒼白に溺れている。

逆さまの蝶が地下室-204号をノックする。無音の住人、無言のチェーン、揺れるカーテンが行方不明者を奏でる。やがて静寂に浸されたカーディガンを焦がす煙草と銃弾、Viridian Chordをそっと撫でれば、誰もいない世界からのチャイムが穏やかに忍び寄るから――

――やがて氷漬けの宇宙にチョコレートミントが踊る、流星は誰もが何となく行方不明、惑星は沈黙に溺れている。翡翠色の世界線をそっと跨げば、ファーマシーに駆け込む為の徒競走のピストルは永遠に空砲のままだ。

Borderline Abstract

f:id:haiirosan:20150403220824j:plain

火災警報器と静かなサイレンが長月の終末に木霊する。黒煙の幻聴と静謐なままのテーブルクロス、無人の円卓を囲むウォッカは明度を加速させてゆく。未だに鳴り止まぬ口づけに紅い唇も錆びゆく気配も無く、12番目の少女が血塗れのハイヒールを変死体へと導く絵画の真相は――

――気の触れた水素に白鳥が溺れる、海岸線を歩く彼女の右手に握られたカッターナイフに赤は無く、唯虚ろな蒼が彷徨っていた。救いの灯台は霧だけがたちこめて、倫敦塔の最終頁が切り裂かれた絶望の晴天に、私と君の翡翠の心臓と瞳が芦花文学館で永遠(のような)終点を迎えることを待っている。

何処のバーかは忘れた。浸水するアルコール、着色料で壊れた夜のような朝靄の帳、砕氷のストッキングを愛撫する私はスクランブル・スクリーンに映しだされていて、(ワタシ)の罪と罰は白日の下に曝される。カウンターの90°が89°に揺らいだとき、君の紅いハイヒールの切っ先は――

33の花瓶に彼岸花が突き刺さる。
赤い糸は死の標だと鴉が鳴いた気がしたが、逢魔ヶ時に幽かに視えたのは、解れたままの血管とあやとりだった。砕け散る記憶と水槽、流れだすのは透明な水ではなく、Borderline Abstractだって君は自動筆記みたいに書くけれど、その筆跡からは滲んだ血が揺らいでいたよ。

下弦の彼岸花、蝉時雨の福音

f:id:haiirosan:20161002105327j:plain

下弦の彼岸花が太陽を覆う

金貨に粉砂糖が絡みつく、ビーカーに溺れるローズマリーと紫陽花が黙視した朝焼けに太陽は琥珀色の霧雨を零すが、そこに渇ききった12ダースチョコレートは存在せず、海と花束、「架空のノンフィクション」が曖昧な世界線を無音の旋律で浸して。

やがて(あるべき)世界は終わらない夕暮れに染まり、鴉たちの台詞は「私の書く字は血のついたナイフだ」のみとなってしまった。

セカイが血に染まっても蒼き孤独と翡翠色の万華鏡は冷感を保ったまま、そのスカートを汚さないままで漂っている

数字が金言と化し、死と詞がカウントダウンを刻むとき、抽象的なObject Bellは彼女の眼球へとすり替わる。

スクリーンに揺らめく色彩の果と蝉時雨の不協和音、君の手を白日の下へと切り分けるのはそう、眠り人形の手に添えられたバタフライナイフだったのだと、あの日のライ麦畑と祈りが再審を請求するけれど、「9月にリプレイは存在しない」と。

私が磔に処されたホテル404、ゴルゴダの硝子を愛撫するL/Rの瞳が凝視しているのは――

灰色に濡れた白昼空と彼岸花か、それとも、

 

降り止まない雨の五連符

f:id:haiirosan:20170807195725j:plain

蒼白月が視ている気がした。裸の陽光が水槽に溢れていたけれど、ライム溺れたモスコーミュールが私の最期を通告するとは彼方の飛行機雲もうわの空なのだと思う。散りゆく朝焼け、夕暮れの誤認、彼女が焦土のアスファルトを殺した時、千の蝙蝠傘は縊死対と化すから――

水蓮咲く深海二千m,3mm/0.3の亡骸が散らばる深淵に彼女の淡く色づいたスカートも焼け落ちて、クーラーボックスの氷塊砕け散る音色と静脈の断面、冷たい13番目の階段から転がり落ちる唐傘に貴女の命運が刻まれているとしても、誰が9月の革命を模索するのだろうか、

草臥れた木片が揺らぐ水面、暁雨を喪った灰色の世界で渇くことの無いアイス・ボックスに潜む罠、浮かぶのは清廉さではなく金魚みたいに淫らな色彩だと君の髪が霧のように描く度に映るスクリーンの16,ほら、水死体が白骨化すれば白波に溶けて奇麗に消えてしまうから、

金貨が錆びゆくリバーサイド、紅花色の詐りに誰も気づかない淡い朝に季節はずれの金木犀が静かに揺れる。酸素の無い藍色の飛行船はプールサイドだけに墜ちるといつかの君は言ったけれど、朝焼けに灯りを消すことを忘却した閉ざされしワンルームにはもう誰もいない。

××の偽装、ヴェルヴェッツが轟音で鳴り響くステンドグラスに僕らは境界線を喪った水と愛の無い浴槽に沈む石鹸の変死体、青ざめたシャワーカーテンが焼け落ちた刹那に裸体の棺桶が開かれるような気がしたけれど、ハニートーストは焦土と化しespressoは赤ワインにすり替えられ

「ほら、また繰り返しだ」

38Rfk22853

 

f:id:haiirosan:20160910131728j:plain

六弦が読み躍るエンパイアステート、彼女の滑落死体は綺麗だったと蒼い彼岸花が囁くけれど血塗れの絨毯の水平線上で割れた無花果の手首に水脈は無く、オレンジジュース溶けた夕刻に黒衣の林檎飴が砕けたのはあの海辺の月夜が永遠のように思われたから、

線火の雨が降っている。倍速で炭化してゆく喪服に早すぎた埋葬の38頁は蒼白な表情を浮かべているけれど、暗闇に浮遊する96猫が行方不明のサイレンを掻き鳴らすタイミングを逃したから、ドッグフードが硝子箱に詰められた木箱にあなたの血を混入させるのは危険だと花魁が嘯いた。

水仙を木蘭と誤認してしまったけれど、箱舟の中は平常運転だと『審判』の門は口笛を吹く、病んだカテーテル、流血するのが眼薬だとしても盲目の砂塵が藍色のオアシスを陥穽させてしまう。紫式部の月、×の昇天、ドッペルのパントマイムに嗤うのは一体誰なのだろうか?

木馬がジェットコースターで円転している。繋がらない黒電話の呪詛が輪廻を繰り返す中、支配者階級はジンライムを水と誤認するがシェパードの市民革命は大衆食堂のMDMAに砕かれた海辺、chordストロークの無い司会進行に燕尾服は首を零して、ほら、舞台には君だけが無表情だ。

静謐な金曜日が訪れる。永遠のエンドロール、赤錆びた車載カメラに映る亡霊は左眼の蒼い水面が透き通っていたけれど、霧に浸された38階の螺旋は未だに心停止した右眼のままだから、白骨化した私は君の4弦と僕の6弦が縊死することに誰が死刑判決を下すのだろうか?

SAt」…

sun―

8mig29448F

f:id:haiirosan:20180831234640j:plain

 

月曜日の棺桶は冷たい、気の触れた体温計が失踪するフローチャート、今が未だ12月だと誰が照明するのか。箱船に閉ざされた匿名の表情と銅貨、変死体と化した自転車に挾間の時を求める少女の首飾りは錆びついたまま、終わらない8月を浮遊する。

炎上する火焔弾に偽りはないと誰かが言った気がするけれど雷鳴の記憶など遙か彼方のドーハーに沈んだMig29の翡翠イロの波間に彼女はカッターナイフを刺し入れたけれど、その髪は生糸のように解れ永遠のサイレンの理由を知った時、気が触れてしまうのは――

水鏡が砕け散った時、漂う灰色のヴェールが雷鳴に引き裂かれる。垣間見えた神の淫らな脾臓は蒼白なまま傍聴席で絞首刑に処されたが抗酒剤が溶ける午後に(かつてカステラだった人々)の微笑が拡がるが、ブルーシートは偏西風に揺らいでいるだけだった。

木片が浮遊する朝焼け、鳴らないアラームに半壊したセドリックはクラッチを切るはずも無く、地下鉄は絶望を嘯くが彼女のチューインガムは4を切り刻んで、プールサイドの鬼門季節はずれのブルーベリーフレーバーに藍色のシャツが沈む時、救難信号が不協和音を轟かせる。

金貨が錆びゆく時、私の淫らな青痣が心肺に浸透する。48F暗い窓際のメロンソーダが死の色彩を刻むとき、彼方の鴎が油田に溺れたことをバグダッド・カフェのコーヒーに似ているねと君は言ったような気がしたけれど、此処にあるのは朽ち果てたゲームセンターの狂い咲く残像だけだった。

 

f:id:haiirosan:20170219075521j:plain