haiirosan's diary

散文とか

のび太「どざえも~ん、ボク腕組み系ラーメン屋になりたいよぅ~」

f:id:haiirosan:20171021185755j:plain

「しようがないなァ、のび太くんはァァァァァ」
どざえもんは自らが更に肥大かするのも厭わず、ポケットビスケッツからブツを取り出した。
「ファイッ! メリケンサック~」
彼がポケットから放り出したのは近未来でも秘密でもない、よくある関東連合vsフィッシャーマンズパイで用いられる木製のトロイの木馬だった。
「どざえも~ん、これじゃ型が旧すぎてVistaと7にしか通用しないよぅ」
のび太がどら焼きを冷凍(したままの)つけ麺に浸しながらそうごちる。
あつもりだぁ!?ウチはねぇ、そういうのやっていないんですよと新宿歌舞伎町の黒服が喚くような喚きメキメキメキシコルスキードストエフスキーキエフスリーエフもファミリーに取り込まれてサンクスサンクス。
チャーシューっていう響きが中華的
チャーハンはハンソロみたいなモンゴリアン・チョップ
肉まん解体、キン肉マン暴行、マンハントが趣味です!
と、自己啓発サークルでおっぱいやおっぱいやパラノイア乾杯やなんてスクランブル交差点で週三回は叫んでいたからこんな最悪も最悪な人生を送っているんかなと思うけれど、いざ自殺する時に何の躊躇いもなく出来そうだから、その点に於いては幸福かもしれない。大体人間なんていつ死ぬか分からないし、それを早めるかナニするかくらい豚みてぇな俺にだって決める権利くらいあるだろ、こんな豚小屋の豚が闊歩するアホ面のアホが無駄にうるせぇ世界で。
さっきっからバカ笑いを続けるどざえもんは溢れるコンビニ系スーパードライの泡を必死に抑えながら小尿を失禁していた。小用があると言って如才なく立ち去ろうとした僕。その刹那、のび太がドヤの三重顔で叫び始める。
「あら、あっあっあー!! どざえもん漏らしているゥウフフ、ミーちゃんに言ったら、どんな顔するだろうねぇ~ウフフ」
いや、俺どざえもんじゃねえから。
僕はそう言うや否やのび太を殴打し始める。
ぶっ飛ぶ眼鏡
ぶっ飛ばす環七
脂飛ばすインスパイア
あばら屋曝すエンパイア
賭博屋明かすアンパイア
やがてボコボコボコ、と泡が立ってきたので、寸胴に香味野菜をいれる。
おお、心の友よ貴様の追悼は俺のリサイタルで必ずやるかなアッーアッーアーッ!!!
とかなんとか云いつつ、彼の商店はトカレフを卸すことで必死。
こめかみすら喰う俺ら、脳は90s人食いのグールグルグル(@_@)
「ママー!お腹空いたよぅ!」
そう叫べば、出てきたのはどざえもんのケツ割り豚足一キロとまだ爪を切っていないモミジだったので、僕はツインピークスに欲情を続ける父母の横で、一心不乱に爪切りを動かしていた。

Cluster Amaryllis

f:id:haiirosan:20170924114058j:plain

残暑の出血が這い廻る深碧。
ハーメルンの笛吹が引き連れる餓鬼がマネキンに変換され、銀座三丁目の硝子の向こうではストリップショーが朝から朝まで行われていると。
猛獣を飼うような鉄格子に閉ざされた庭園。
僕らは血を流しながら、死を流しながら、その南京錠を抉じ開けようとする。
麦わら帽子の7歳、仮名で赦された季節は過ぎたようで過ぎないことに苛立ちと殺意を隠せないのは、彼のシェパードのみならず、血を求めて無為に飛び回る蚊も然りだって。
ピッキング、コッキング、神経みたいなストッキングの伝線の先の先の白く濁ったミルク目を抉れば黒、碁盤のような人生をひっくり返しても二色。モノクロTVショウのOPの最中にマーブルカラーを望めば、其処にあるのは血塗れの刺殺体。

f:id:haiirosan:20170924113815j:plain

f:id:haiirosan:20161002111607j:plain

「此処では蒼白の壊死は許されない」
私の後をつける暗い暗い影が嘯いた言葉。
トイカメラで首吊りを試みたことのある少女も、スマートフォンの発火を夢見ている少年も、血管や心臓を曝けだした曼珠沙華も、紅く赤く朱くその血を滴らせているのだから、と。
触れれば私の皮膚に刻まれる死の刻印、倒れ臥しても尚、シャッターとフラッシュの犠牲になる彼岸花。欲望や人形との同伴を求められ続けた彼女らは、その色を純潔なまま、綺麗なままで冥界にて燃え尽きたことができたのだろうか。

f:id:haiirosan:20161002105327j:plain

Cluster Amaryllisの黄泉路は永く永く、再び訪れる神の無い月を待ち焦がれている。

3 Summer Time Blues

f:id:haiirosan:20170926190708j:plain

https://youtu.be/b0p9GmALDF8

鉄塔の首吊りを傍観する蒼
斜陽の夏日に切り裂かれたスカーフ
水の無いプール、水浸しのプールサイド
青い酔い 網膜に映る世界は淡く移ろう
発泡する空 350 500 僕も君も酔睡
翌朝 麦水 香料水 水槽の水死体
溺れた君 商品価値をすり抜けた君
1ぬけ 二抜け 誰もいなくなったかくれんぼ
蹴られた缶が泳ぐ空
空っぽブルース 鈍色コントラスト
そして、ひしゃげた君は霊柩車に轢かれてしまう

f:id:haiirosan:20170930055159j:plain

夕暮れ、雨にうたれ走るライダース
パノラマと化す街並み
乱反射する蛍のような街灯
終わらないジェットセット・ラジオ
始まらないパーティー
より深い藍を求めて
曲がり過ぎたスライダー
彼は虚空を切り裂き、行方不明になった
キャッチャーの死
アンパイアの無関心
左廻りの輪廻 右廻りの安寧
気の触れた針時計
幽霊船の羅針盤
左利きの青い瞳は、いつもこの世界を右手から零れ落としていた。

f:id:haiirosan:20171004171547j:plain

漂う脾臓は3つ数える間に消えちまったから、

世界の終わりと蒼い春

f:id:haiirosan:20170919191713j:plain

https://youtu.be/5fk9bxujfPE

四月の青が まひるに溶ける
揺らめく空と 虚ろな日々よ
海辺は赤く 夕暮れの焼死体
終わる世界と 消えゆく色彩

水槽、金魚のレプリカが浮かぶ
翡翠色、アルビノ、橙色、茜色
バッテリーゼロのスマートフォン
写される君のような僕のような 誰か
黒いドアが開かれ 行方不明者の仲間入り
手招きする少女 蒼白な灯籠
早すぎる埋葬 それとも 遅すぎた埋葬

※飛行機雲が刹那を告げる
スライドするエンドロール
世界の終わり 見上げた空
それは青く 美し過ぎて
僕は独り 立ち尽くして
消えることすら 忘れてしまう

f:id:haiirosan:20170825183030j:plain

鴉の群れが 群青に染まる
蒼い卯月と 過ぎ去る日々よ
東京は紅く 夕焼けに変死体
騒ぐ世界と 消えゆく心

f:id:haiirosan:20170924182056j:plain

ピーナッツバター、誰が鐘を鳴らす

f:id:haiirosan:20170912181355j:plain

甘く甘く世界は雨足に脚気を覚える。
私は毎夜深夜或いは朝明け4無いし5に脹ら脛の痛みを覚えるんだ。
そう、ベーコンエッグのダンクシュート、コンビニに横たわる赤マルの死骸、フライパンで煮込まれることの業。
映写機が映し出すのはいつもハッピーエンドとは限らない。映写機が映し出すのはいつもEnとは限らないと口に溢しそうになるけれど、嗚呼、それがアンコールかエンドロールか貴女が狂う前に画いた絵しか解らないだろう。

f:id:haiirosan:20170911173407j:plain

青を殺す藍、君のことが気になるから私は花屋で竜舌蘭を愛でているけれど、私の中のホントのワタシは花の名も君の名も忘れてしまっているんだ。
ブルーバード、青い花、青い春、向日葵狂った夏、遠く、遥か遠くの鳥

f:id:haiirosan:20170914210400j:plain

ピーナッツバターの偽装
ピーナッツバターをビーツに
ピーナッツバターをガターに
ピーナッツバターをドーナッツに
ピーナッツバターをカシューナッツ
茜色 殻を脱がされた6
世界の終わり 正解のない逢魔の時
そして夕暮れに煎られたバターはマーガリンへと
それで夕焼けに抱かれた私は何処へ行けばいいの?

f:id:haiirosan:20170913181004j:plain

Parallel Crawl

f:id:haiirosan:20170902172945j:plain

ビー玉が眼球に変換される時、私は世界からの視覚を喪った。
水を漂うミズ、空を這うソラ
私を見る彼らはレンズ越しのショーケースの中。値札の無いマネキンからは赤い血が流れている。
だが、走る重軽傷者を差別するなというデモは私の死体を引き摺り、生き証人ならぬ死証人として曝す。白日の死の商人、落日のシャウエンの色は?

f:id:haiirosan:20170902180348j:plain

スクリーンの中は僕らの死体に満ちている。
隠すため、隠すために僕らは針葉樹林で麺硬めを頼むが、其処に空腹の落とし穴があることにクレイモアは気づいていない。
鳥居は揺れる、金魚が浮かぶ、うかばれない生活。
死生観、焼かない肉、切らない野菜、鱈の中の鱈
私は何の話をしているか忘れてしまった。
夕暮れの茜に切り刻まれた、机のない教室。花が散る刹那は季節がもう春を迎えたことを告げる。
春に散る花、此処がどこなのか私には行方不明であるが、彼らにとっても行方不明であるのだろうか。

f:id:haiirosan:20170902173514j:plain

永遠の球体は死すら無かったことにしているような

モノクロ、碧、黒マントの縊死体

f:id:haiirosan:20170819184131j:plain

三輪車に激突した朝、空中戦に墜落した麻畑で私は狂う。
ビートにピート、ディス・ヒート。トーチカ貫く水兵の三半規管、フィッシュ&チップスにくるまれた新聞紙の猟奇殺人記事或は夢の夢の夢を重ねたミルクレープの皮膚炎。

f:id:haiirosan:20170822100200j:plain

――それは潮騒の残酷な記憶、繰り返す波の白と蒼、見上げた空は汚れのない青に満ちていて、その中を滑空していたカモメの群れが海上のテトラポットに目がけて沈んでいく。或る日曜日の昼下がり、そんな海の情景を少女は唯凝視しているだけだった。裸足に絡みつく柔らかな砂と蟹の鋏、不意に静寂を切り裂く汽笛やサイレンの音すら、少女の視線を逸らすことは出来ない。「私は明日が怖い。逃れようのない現実に切り刻まれる感覚がするの。孤独、無力、疎外感、絶望、あらゆる負の感情が私の身体に覆いかぶさってくる気がして。此処で海の音や空気を感じていることは抜け殻のような私の身体と心にかろうじて生を吹き込んでくれているから」彼女は社会、いや現実世界そのものから疎外されてしまっているかのような印象だった。明日行く所は?友人は?恋人は?家族は?そもそも私自身の名前は?答えられるはずの問いかけすら答えられない、何も無い空っぽな虚無な存在なのとさらに呟き、呻き声と共に足元の砂のキャンバスに大粒の紅い涙を垂らしていた。

f:id:haiirosan:20170826233242j:plain

――時は経ち、何となくやり過ごせた気分に浸る日々、今日も正常だった幸せだったと皮肉めいた台詞を吐く余裕すらすでになく、幾多の地獄の季節は健忘していく記憶と共に瞬く間に過ぎ去って行くが、どうしても少女と居た海辺の記憶を忘れ去ることは出来なかった。あの日、何時の間にか茜色に染まりゆく空と海岸線、うねりを増しあらゆる物を呑みこもうとしているかのような波、穏やかな午後は彼女の涙と共に息苦しい程の不穏と不安に満ちて、振り向いた彼女の瞳は白が黒に塗りつぶされ、その瞳からはどす黒い涙が延々と流れ続けていた。そして、裂けた口元からは酷く歪んだ、だが何処か哀しげな笑い声が響き渡っていた。 生々しい不協和音と沈みゆく日曜日、彼は狂った海を凝視することしか出来なかった。