haiirosan's diary

散文とか

首の無い客引き、敗血に浸された2月

f:id:haiirosan:20161008165041j:plain

蠱惑の帳に火が放たれし時、影踏み遊びの無邪気は脆くも斬り捨てられる。錆びついた諸刃、有刺鉄線の夕暮れに貴女は切創無く、夜を迎えられるのか?
彼方の星が世界を傍観する。人々は今日も自ら心臓を吐きだし、灰色の刻を紅く染める――
街は虚ろさを漂わせて、路上の吸い殻に火を放つ。Anonymousの群衆、首の無い客引、透明な血に浸された2月。出血多量に気づかずに僕らはスクランブル交差点で救急車に轢かれる。サイレン亦サイレン__遠い夏の日、暁光の花火くすんで、プールサイドが炭化する。
(飛び込む)だけしか選択肢の無いゲーム中盤__どうしても「死」を忌避しようとすることに終始するあなたは惨めさと醜さを次第に湛えて、私は鋼鉄の朝が地下鉄を過ぎ去る刹那に朱が針時計を染める場面をぼんやりと思い浮かべていた。
不眠症の夢は太陽の嘲笑に焦がされ、終わらない黒煙がネオンライトの世界を抱擁した。
抽象的な蝶、アスファルトのパレットに零れるカケラ、雨が罪の痕を拭い去る。
――残された遺失物に寄り添う、冷たいだけの左手。朽ち果てゆくその墓標に、手向けられる花はいつも造花だ。

f:id:haiirosan:20160331175135j:plain

――遠い夏の日、暁光の花火くすんで、プールサイドが炭化する。
(飛び込む)だけしか選択肢の無いゲーム中盤__どうしても「死」を忌避しようとすることに終始するあなたは惨めさと醜さを次第に湛えて、私は鋼鉄の朝が地下鉄を過ぎ去る刹那に朱が針時計を染める場面をぼんやりと思い浮かべていた。

誰もいないはずの後遺症の窓

f:id:haiirosan:20190203194025j:plain

――鳴り止まない蒼い警報、アスファルトを這い回る錠剤の粉塵、真紅のカーペットを染めるのは青ざめた焼夷弾だと、誰が認めるのか?
遠く、遠く、藍霧に潰されたHighway509,ひび割れたバックミラーに映るのは終末のスニーカーと、茜色に乱れた手形、赤い涙零す誰かの瞳__
硝子の墓標、如月悴む×曜日を彷徨う亡霊。眼前に表れた血塗れの着ぐるみと、彼女を連行する黒い貴婦人はあの3番線から身を投げるのか?
誰もいないはずの後遺症の窓から覗く誰かの縊死体は(私)のような姿をしていたから、わたしは地下鉄3番ホームにどうしても降りることができなかった。
やがて、逢魔ヶ時が紫の絵具を手に取って、樹海のような街は色を喪う。
――誰の呼吸が、言葉が真相なのか?嘘は影イロ、穴の空いたカンバス、剥がれたフィルムの先に、もう暁光は射さない、と__
歯車が軋む夏の氷上、切り落とされしブーゲンビリア、飛び込み台は満席だからプールの水はいつも蒼い、涅槃頽廃、六道酩酊、時計の針から紅色が脱落したのはいつ?解らない六法全書を読み耽りながら、私はコーヒースタンドに火が放たれるのをずっと待っている。
霙に揺らぐアスファルトは色彩を読み耽る。無人の車(だけが)暗渠を這い回るけれど、それらがイロを汚すことはなく、止まない慈雨と共に永遠と物語を刻み続けていた。

ヘッドライト消えた車道、59階のミッキーマウス

f:id:haiirosan:20170715182938j:plain

不可視の亡霊に浸された街は機械色のドレスを纏う。狂気と好奇が揺らめく瞳に注がれる不明瞭のSpirytus.全ての時計は針が歪んで、私は彼方から混線する、赤子と鴉の啼き声を虚構だと感じることができない__

彼方のマーマレードが憂秋の牢獄から解き放たれた。ヴァニラ・アイスの注射器、ソーダ水と拳銃を抱えて、誰もいなくなった10階の世界を夢遊病みたいに彷徨う。淑やかに、甘美を帯びたまま――
やがて偽装の柑橘が果汁を喪い、ぶっ壊れたトースターが、黴びた16ビートを刻み始める。

グラスワイン融解して、青ざめていた筈の世界の頬は紅みを帯びる。
幽かに飛び降りた59階のミッキーマウス、浮游するのは羽根を喪った鴎だけだったと、黒猫は証言する。
ヘッドライト消えた車道、揺らめく神の血、Closeの看板はいつまでも降ろされること無く其処に――

Detoxification Honey「コールガールアルコールアンコールワットスパンコールタールコールターキーブランキークランキートランキライザーファッキンライザップドリームポップコーンライクストライクウィッチーズギャラガーリアルリアムタイムアップタップサックファックトークボックスクラックスデトックスサーカス」

遷ろう万華鏡、閉ざされたパノラマに貴女は右眼を焦がす。冷たい虹、空のカケラ、深淵からの__
薄らいでゆく意識の霧、血の痕すら隠されし硝子の世界で、いつか指先から剥がれるマニキュアの刹那に気づくことができるのだろうか?

チョコレートミントの有刺鉄線

f:id:haiirosan:20190121204117j:plain

――巳の刻に僕らが彷徨う螺旋階段、最後に待つのは琥珀色のエンドロールか、それとも__
凍傷を起こした秋の青い昼、静脈血の彫刻が色褪せてゆく8限目の理科室には、唯スカーフの残り香だけが、煙るストーブと灰色の紙芝居で色喘いでいた。
__やがて喪われていく秋の牢獄と色彩。焚き火に抱かれた茜色の刹那すら、誰かの渇ききった靴音に掻き消されてゆく。
チョコレートミントの有刺鉄線、誰もいない公園、消えない吸殻、ソーダ水にヒ素、鳩と無邪気な疫病、火が放たれたシーソーゲーム、首吊りのマフラー、注射器の砂場、乳母車の人形、三面鏡に写る4番目、行方知れずな風船の三原色、砕かれたコンタクトレンズの罪を(誰に)擦り付けることができるのか?
__8061番地、罅割れたフロントガラスに突き刺さるワイングラスに神の不在を嘆く鴉たち……断罪の薬莢を焦がすのはいつも無垢な心臓だと彼女らは嘯く。冷め切ったアスファルトに拡がる壊炎、道標が十字架へと変換されし時、最期の晩餐に饗された血染めの薔薇を「モノクロだ」と糾弾するのは__
「碧が収斂する刹那に貴女は死んだ」
「平行線の夢から脱落した少女は、紫鏡の夕暮れに引きずり込まれた」
ピンボールボルドー漬けの心臓から放たれる時、母胎の貴女は円環構造の海を見失うけれど、その高く高く上がったファールフライは藍空にも、誰の記憶にも遺らなかったから――

f:id:haiirosan:20190121204204j:plain

藍色の彼岸花

f:id:haiirosan:20180923123350j:plain

https://youtu.be/vpQjoiVSvmI

藍色に霞む鏡割れて
虚ろ霜月、赤く染まる花
青い鳥が刻む彼岸
遠いサイレン 君の悲鳴と__

「静けさだけが この世界の全てだった
終幕のエンドロール、名も無き墓標
溶けるフィルム、箱舟、淡い五線譜
砂漠 揺れるドライアイス 音階狂って」

彼岸花と、刹那散る君
藍色だけ、褪せた季節巡る

(青い彼岸花 記憶の氷砕けて)

形而上の色鬼と有刺鉄線の因果律

f:id:haiirosan:20190114001920j:plain

境界線の朝焼け、刹那に溺れる飛行機雲、首吊りのチャイム、針時計の無慈悲、渇ききった煙草、マッチ売りの少女の諦観、暁光、青い焔、俯いたままの火曜日にコーヒーの水面が微かに揺らいだ。
夕刻がアスピリンを溶かし、名も無き食紅が笑みを零す。レムの3乗、それとも夢魔と無呼吸のエンドロール__狂いだす計算式に私の記憶は2しかない。罅割れた13階段の4段目、終わらない缶蹴りに散りゆくのは最期の0だとしたら、一体誰が形而上の鬼だというのか?
やがて訪れた逢魔ヶ時に肩を叩かれる、複雑骨折するマネキンと折れることの無いステッキ。私の青痣と内出血がコンビニエンスの警笛を鳴らす、能面の少女が私の顔を剥ぐ__
――私はそもそも何者でも無かった。
石榴を模写しよう!と貴女が叫んだとき、私は真っ暗な(恐らく)透き通った夜空を見上げさせられたのだ。
・偶発的な審判「0.0003の不明瞭な世界で、凍てついた車輪に刻まれた蒼の傷痕だけが鮮明だったよ」
・作為的な審判「空に溶けたブラックボックスは、暗い藍色をしていた。意識障害と有刺鉄線の因果律、15379,奇数が這い回る1/2月にどちらを選択するべきか、私には判らなかった」
――やがて、赤銅色の夕刻が網膜と夢を炙ってゆく。心臓と眼鏡を補修する為に外科室を捜し求めているけれど、街にはライラック揚羽蝶の葬列が蠢いているだけ。無邪気に、無表情に。
――カウントダウンが刻まれるように、私の視界のセカイは徐々に崩落してゆくけれど、最期に視た美しき刹那の場面だけは__

148-76120-96の「存在しない住所」

f:id:haiirosan:20190106170542j:plain

思考の水槽が錆びた車輪に刻まれてゆく。
夕刻は色を喪い、私の網膜はアイスピックのような蒼を刹那に齎し、やがて永遠の茜が滲む。
__浮游夢は覚めることなく、唯アスピリンが砕け散る繰り返し繰り返しに。
ウィスキーグラスの水も何処か虚ろな眼をしたまま、幽かに揺らいでいるから――
「孤独な夕刻は何処までも燃えあがっていたけれど、モノトーンのセカイは無表情な蒼白さを保っていた」
世界線にたった(一人)遺された水色の空気清浄機。
其処に注がれた綿飴に青酸を混入すれば、茜色の点灯が永続性を催す。

点は「無人駅を描 
いた紙芝居」の水飴 
線上だった。  に視える青
銅の蜃気
楼ですら、裸
貴女は奇 麗だと嘯れど__沈――
渇ききった地下の天窓に制服の少女達は助けを求めるけれど、148-76120-96の「存在しない住所」に救済措置は施される筈は無く、誰かの赤いスニーカーと右手首が無慈悲に転がるだけだ。

f:id:haiirosan:20181118120128j:plain

やがて、翡翠色のプールに沈みゆく彼女らは、いつも「終わり」を求めていた。
赤く染まったスカート、空白のハイヒール、錆びた指輪__
救いの手が水よりも冷たいことを知った時、誰がこれ以上生きたいと思うのか?