haiirosan's diary

散文とか

夕景の終焉

f:id:haiirosan:20171008181703j:plain

https://youtu.be/ejlniMDlt8Q

全てが終わりを迎えた夢を視た。
夕暮れに枯れた未来
夕暮れに渇ききった希望
夕暮れに――
世界は俯いているから、私もそれに倣い俯く
葬列が蒼白に染まるから、私も青1号に浸る
鴉の花嫁がブーケに血を滴らせる時、国道スロープに遺された脾臓は未だに鮮やかだと彼は自殺する刹那に笑っていた。
横転するだけのトラック
円転するだけの野球帽
バタフライナイフのクロール
アスファルトを装飾する硝子片
度の無い眼鏡が救いになったと弱視の牧師が叫ぶ

f:id:haiirosan:20171103143454j:plain

羊しかいないカフェの窓際、救いも終わりも無いような雨がステンドグラスを刻む。
リボルバーはオートマチックよりも命を奪っている手応えがある」
――数年前、赤い靴の少女は確かにそう嘯いていた気がしたけれど、私の目の前に置かれたアイスコーヒーの氷は無言と終末の形状を為してゆく。ゆっくりと、然し確実に。彼女のジントニックのライムは未だ、艶やかな行方不明者として彷徨っているというのに。
夕景に燃えあがる命に誰が蝋燭を翳すのか。夕景に死す澄んだ眼を誰が救うのか。闇に呑まれる美しさを誰が――
キャスターも湿気て、左利きの彼のジャックパーセルは余りにも穴が空きすぎた、そうあまりにも……

f:id:haiirosan:20170715182938j:plain

Broken Silence

f:id:haiirosan:20180318174730j:plain

――目が覚めると、世界は静寂を喪っていた。
オルゴールが永遠と鳴り響くメリーゴーランド、輪廻の果てに地上は見えず、視界を切り刻むのは、鳥たちが無垢に飛び交う碧色の空だけ。
灰色の路上、裸足の花売り、裸のマッチ売り。
枯れゆく心、焦げつく足に祈りなどなく、人々は馬車と蹄の下敷きになっても尚、その手に握り締めたステッキを手放すことはない。
散らばる花弁のような雪に、僕らは溺れる振りをするだけだ。土葬されたプラスチックすらアルコールのサイレンを鳴らさないからさ、Call Girl,110,119,肢体だけを掻き集める109前には、もう赤いシルビアとセダンはいない。
爪を剥ぐような寒さ、と何時かの少女は言った。
だが、その世界に雨は存在せず、僕らは砂塵の中で網戸と三つ編みを縺れさせ続けている。
褐色の季節、冬の色は芥子の幻覚。
暗色の寝室、夏の色は蛍の死骸。
神を名乗る君が神を殺した白昼に、(夢)という名のリキュールを攪拌させれば、そう、壊れた静寂だけが終わりなく漂いつづける。

f:id:haiirosan:20180321141618j:plain

太陽の縊死体、白昼に揺れる百合

f:id:haiirosan:20180310140239j:plain

――目が覚めたら、花瓶が薄荷を溢していた。
血塗れのゴルフクラブ、正体の無いキャディ
「多分ウォッカとビールを飲み過ぎたんだ」
窓の外、天使の梯子から堕落するBはそう云うけれど、どうやら鴉と鳩を誤認逮捕することはないらしい。
外が眩しいから、私はベッドに横たわっている。
机上の形而上
戦場の形而下
血糊で作ったプラモデルみたいな何か
何の、何が、何で作ったのか、
胃腸薬が苦々しいのは何故か、
何が此処で燃えているのか?
とれたバービーの首
髪が伸びる一松人形
無色の金平糖
疑問を解決するのは、午後二時のコインランドリーだけだ

f:id:haiirosan:20180310142716j:plain

けれど、夢の中では桜はもう咲いていた
蒼に開くパラシュート
蒼を刻む有刺鉄線
僕らが上を向いて歩けば
足下に白蛇が絡みつく
密緑を裂くジープの炎上
トランキライザーの雨が降り注ぐ三月
売り切れたロープ
錆び付いたスロープ
下りしかないエスカレーターに乗り込めば
僕らはもう誰とも擦れ違わない

f:id:haiirosan:20180308214543j:plain

逢魔ヶ時の音色は夜に消えた

f:id:haiirosan:20160127171219j:plain

https://youtu.be/qF6Lyg4MsHs

――水色のカーテンが揺れ続ける。透明な来客が砕けた海辺からやってきたので、私は唯殺し続けた。罪の意識、人間らしさ、それすら薄れた機械のように。
部屋の前の交差点で咲き誇るミスミソウは黒い葬列に踏み潰されてゆく。壊れた信号を渡った先の土曜日のカフェでは(彼)がカウンターに座り、一心不乱にハイネケン・ビールを飲んでいるが、何故か目の焦点が合っていない。「どうして」へばりつく咽、割れそうな西瓜と冷たい夏。彼女の手にはリボルバーが握りしめられている。「死んでいるの?」そう言った君は砂に沈んで、私は錆びたナイフを翳していた。
写し世の果て、平行する夕暮れ時。新宿の雑踏の中、悲しげなラストシーンは街頭の真っ赤なスクリーンに溶け込んでゆく。季節は12月、セーターは引き裂かれ、名前の無い少女の終わりすら、僕には思い出せなかった。
雨に銃殺されたパラソル。繰り返すエスカレーターの輪廻、未来、希望、失望、欠落そして敗北。硝子のように純粋であることを夢見ていた彼女は来る日も来る日も「明日が怖い、現実に呑まれる」と呟き続け、ある日校舎の屋上から飛び降りてしまった。
その肌は白く、柔らかなままで、いつの間にか皆死ぬような無意味な日常と共に穏やかに消えて――

水の中の葬列

f:id:haiirosan:20170902171440j:plain
f:id:haiirosan:20180217202859j:plain


https://youtu.be/WK-Izu4JPNE

水の中の葬列 枯れ果てた揚羽蝶
色の無い夕暮れに 呼吸を喪う
揺れる視界 水死した世界
境界を失い 私は永遠に微睡む
蒼い夕景を彷徨い 赫い夜に横たわる
空っぽの柩 空席のない現世
夢が熔けても尚 覚めることが 怖いから――

f:id:haiirosan:20170326200001j:plain

――翡翠色の朝明け或いは朝焼け。自転車の死、途方も無い大きな車の輪が廻っても死後を思索することは、Googleには無いからさ。そして匿名仮名本名に放火された冬の海辺が幽かに澱んで。
確かに僕らは異邦人だ。太陽が殺せと言えば、僕らは……
けれど、浮き輪のカフカは気にとめることもなかった。砂塵すら凝固する審判の前日、750ウィスキーボトル3とアスピリン適を食せば、ランチタイムに上下巻を読まなくても彼方の門は躊躇いなく潜れるから。そう、躊躇いもなく

f:id:haiirosan:20170930055201j:plain

千里眼が刻む剃刀と檸檬の夢

f:id:haiirosan:20180127010159j:plain

3階の窓から、僕らは滑空するグライダーが真っ白な紙人形の群れを轢死体に変換するのを視ていた。
砂塵を巻き上げ、首を或は胴体や手足を鋭利なその翼で切り刻む渇ききった景色を。
その刹那に色は思い出せず、円転するシーンの結末に、誰かの死体を隠していたことで唐突に逮捕された君の可憐な姿だけが、僕の脳裏にこびりついてさ。
血塗れの手、スライドする景色、記憶の中の人たち、暗いクライ施設、君と僕は誰なんだろうか?

f:id:haiirosan:20180128170710j:plain

檸檬が置かれたカフェで私はずっと角砂糖をかじっている。ブレーキの無いフォルクスワーゲン、♭のない楽譜の隊列が煉瓦道で転倒すれば、ほら、障子越しに正座疲れの抹茶がアイスキャンディを砕き始めるから。
蟻のクーデター、ウユニ塩湖に入水すれば遺体も綺麗な気がするから、世界は甘味を憎しみ始めた。
僕らはこうしていつまでもいつまでもいつまでも壊れかけた剃刀入りのダージリンを啜っていなければいけないのかな。
足の無いテーブル、傾けたカップから逃げる感性、冷めきった感情を曝す淡い夕景、骨だけの鴉の群れ、かりそめ、かりぬいの、茜、穴の空いた蒼白な手鞠の中をくらくら廻るエンドロール。

f:id:haiirosan:20180121122226j:plain

凍てついたウィンカー、林檎の轢断死体

f:id:haiirosan:20180117171803j:plain

雨の七連符、私は凍りついたウィンカーの彼岸に見える、黒焦げの死体を眺めていた。
夜に隠されし恐怖、或は狂気、みんなの歌、蜜柑の姿態、未遂のレミ♭ファ
胡蝶
蘭 孵卵
鋭角 の託 児所
鋭利 なマシュ マロ
え、
私が暗闇の底に堕ちる夢の夢の夢の内部告発に、団体も全学連も無く、ただポーリーが残した湿気たクラッカーと弾倉の無いルガーが硝子越しに揺れている。
プレハブと非常口しかないホール
プレハブに潰された国旗の群れ
プレハブを溶かせばシュガーバター
そう、此処は終末の雨に浸された海の中だから、僕らは頭部を切断された魚の群れだし、あの茜色の林檎も例外無く轢断死体になっているはずだと山高帽は言っていた。ニトロとTNTをcocktailにしたような、極彩色の鬼がひきたてる裸足の少女が悪鬼に変貌するのはいつだろうかと君は考えながら。
ワイパーの動きが止み、ウィンカーもいつの間にか消えていた。
死体を詰めこんだタクシーの行き先はどこも死体ばかりで、彼女は生者を見つけるのに百年の孤独を抱擁しなければならなかった、と誰かが言っていたような気がした。

f:id:haiirosan:20180117072001j:plain