読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haiirosan's diary

散文とか

林檎飴と鼈甲飴が嗤う

https://youtu.be/cwcJy5qNdHI


f:id:haiirosan:20160910131728j:plain

畳の下 埋められた林檎飴
揺れる障子 紙風船と少女の破裂
鴉の変死体 水風船のヒ素
紙芝居と蟻の群れ 緋い靴の花魁嗤った

f:id:haiirosan:20160913175805j:plain

打ち上げ花火濡れて 唐笠目玉を抉る
首吊りの夏祭り 見世物小屋の行列
鼈甲飴の朝日 桜を犯す月曜火曜
薙刀翳す女学生
季節外れの時雨は赤く
血だるまの祭囃子 内臓零れた辻斬り
呻く色町と浮世絵
介錯も贖罪もなく
井戸に投げ込まれる皿屋敷
それを見た赤い簪が嗤う
潰れた林檎飴も嗤う
破れた少女も、嗤う

f:id:haiirosan:20150721184002j:plain

Hotcake Suicide

f:id:haiirosan:20170410113435j:plain

然し、バター踊る卯月に、彼女は天使の砂糖を盗んでしまった。ローズマリーの悪魔が潜み笑いを浮かべる或いは上げる七日間。世界は蜂蜜によりアナフェラキシー・ショックに陥る。
見よ、ノアの方舟糖蜜を求め群がるコロンビアン・ネクタイをぶら下げたブルーカラーやホワイトカラーを。plastic x ray,偽装の理想に高僧が捧ぐ逆さまの輪廻、永遠のブーケトスはvalley ball中に手の甲を骨折した痛みのdelayが襲いくる記憶。それともシシリアでハンドトスのシカゴ・ピザを頼んだ結果、トンプソン・マシンガンで蜂の巣にされたG.Yの青い網膜。そして出血多量の彼が最期に舐めたのは、アカシアの蜂蜜ではなくグルジア糖蜜だったってこと。

f:id:haiirosan:20170407200201j:plain

海に沈む海、空に墜ちる空、フライパンに火刑に処されるフライパンを観ている。
スクリーン・アウト、52-57のロースコア・ローヤーを殺せ。そう、赤毛のマーガレットの心臓が右にあったか左にあったかなんて、葦の原で紅石を溶かしていた彼と彼女の死体が覚えているはずがない。君の玄関に貼り出されるポルノ・ペペロンチーノの巻きすぎたテープリール、君の雨戸に穴を空ける匿名性の極めて高い天使、君のベッドに潜む風船ガムの色をあてるのは、あの町でいかれた道化師とBB弾で撃ちあうことより困難なことさ。
KARENは潰れた苺畑みたいな面、KARENは叩き潰した芥子と酔い潰れた芥川をたまに読み間違えるらしい、だから時代遅れのMDを抱えて印に逃走しろ、MDMAで潰した眼球を車輪に突っ込めば、死に損ないがファイヤーバード・ポンティアックを運転しても、左右確認を怠らないはず。

f:id:haiirosan:20170414124358j:plain

真夜中のクランベリーが熟れると脳漿が零れた気分になると医者に訴えたら、色とりどりの錠剤がさらに増えた。私の春はまだ終わりそうにない。

心臓飛び散った5分前の世界

f:id:haiirosan:20170406160520j:plain

私の網膜を潰れたアメ車のチャイニーズシンドローム、それに麻辣な想像に浸るアーシュラーのVRが染める。
赤い砂漠、転がる1000の心臓はホールトマトみたいだ。ビーチで貪るパイ、Leechが啜る愛っていうか汚れた血
落下傘の春、車輪の下、滴る垂れ桜或いは十二指腸それとも凍ったままのジントニック。火の粉、手首の血、スプレーに火をつけて(完) 偽善者のアイシングが間に合わない彼女の世界はベスビオ火山のマスクの中で完結していて、それが綺麗だとはまさに埃の歌が咽を音頭をとることに似ていた。

f:id:haiirosan:20170408005440j:plain

核の死、四角なレゴパーティー、死角からマチェット。そうして刻まれた彼らは夜になってから朝を思い出す。
雨音の幻聴と視聴覚室の針が狂ったレコードプレイヤー。モーツァルトのワルツに浸るレナード・コーエンの幻覚。
水溜まり、懐かしさの拳銃、儚さのダガーナイフ
彼が切り刻んだのはジャックと豆の木だから、彼が処刑されたのは絵本の世界の中だと。
ランタンの悲劇、雨に濡れたぼんぼり

葬列に並ぶ白衣の目的はリラのワインだってこと。
葬列に並ぶ黒衣の目的は水のようなワインのような夜のような水のようなワインのように水のようなワインのようで水にようはワインなようが水にワインがようで夜がワインが水がワインが水。

最果てのキッチン、彼女は見えないポークビーンズを煮込みながら、そう呟いていた。けれど、彼と彼女の赤い世界は煮崩れる豆と豚のようだと、世界の終わり氏が笑うことについて、裁判員は血混じりの涙を流すことしか出来なかった。

f:id:haiirosan:20170403163129j:plain

私のスケッチが描く春は、どうしても人身事故の夢しか視ない。空腹の幸福、空白に禍福、青空に飛び交う血管は現実との解離。それとも否定。
絵具が切れたこと、アルコールが切れることが怖いと私はローカル線某駅ホームで呟いていたらしい。目が覚めると私は逆行する時間の中にいた。ローカル線某駅ホームで呟いている私、空缶にスピリタスアスピリンに礼拝、礼拝堂の私は私じゃない。逆さ十字、悪魔にも売れない魂、悪魔の証明を神は傍観する。そして目眩と共に墜落する私を見届けた私は私のまま何時かのオフィーリアのように散っていった。

f:id:haiirosan:20170403163147j:plain

うっちゃりむぎちゃワッフルだで!!

で、僕が綿雨を浴びる8月にハリケーン、その名を聞けばテキサスの70sはトラウマになるだろうさ。そう、カップヌードルを水で作る水辺のヌードに裸のフリースタイル、俺がランボー、老いた乱歩、枯れた江戸川 エドガー・ア・ランポー、yoでうるせえ渋谷ハチ公、涎簾垂れ桜f:id:haiirosan:20170330150533j:plain3番目といわず鼻が曲がる白昼、狂犬病、証券馬鹿の月曜日は発狂寸前、発券するぜ行かないSOAPつうかhope

f:id:haiirosan:20170326200000j:plain

ニコチンカルモチン、でも僕が給食を遺したのは配給先の博多歯形羽方博田酒田駱駝が砂漠にてアレをしたからさ!って云えば駅周辺、蕎麦の偽装、釜の理想に放り込めよ真実のフレグランスヲさ。
しかし、寂しい部屋だなと部屋をしらない僕を知らないドラッグクイーン(♂)が喚くのでジントニック或いはウォッカトニックでpanicを演ずるThe Smithsを聴かせれば、ロッカーにいる君はジョニー・サンダースなのか!?とラーメン丼に問えばひび割れた季節に捧ぐ桜酒の色は透明である。全員がバックストリート・ボーイズとかほざく田舎の餓鬼。
机に刻むKNー変換しようαStation,読めないのは三大奇書、読まないのはライトノベル、けれど挿絵は乱視になるまで凝視します!(笑)と鼓膜を破くレベルのヘルツで叫んだら、私の両親は怒り狂ったよ。何で?何でかな。
で、バックイン・ザ・サドルー・リードあんたにはアイデンティティも何もないんだねと云えば、Lulu,アナタがBLACK SABBATH,それにBLACK FLAGがうんたらかんたらを執拗に、ミルメークを垂らす甘い時間にすらツイッターで刻むのと何が違うのかしら?と言われれば、俺はあんたのリコーダーを×××するぜと返せば投身自殺で返答。

そして皆の正常と、憂鬱に染みた孤独の脱脂綿越しでキスをして最後のサヨナラをしたのさ。歪なまま、晩年秋の心のままで。

f:id:haiirosan:20161127102903j:plain

サレマ・ポーギーにポーリーのアリスがスカートを火曜日に破棄すれば、

f:id:haiirosan:20170318222322j:plain

(続・句読点)、間違えなく僕らは発狂に酔狂に胎教。
マリアのチューリング的立場は、ドラえもんとしずかのびたジャンパイアが脛夫を集団リンチする企画を撮影する理由に事足りると。だって、僕らにココロがあるなんてのは誰にも分からないもの。
ところで藍色ポンティアックにへばりつくアンディの解雇通知は自称NY.Dollsのファンクラブ会長によるものだったってことをみんな知っているのか?僕はどら焼のUFOに乗って海王星のイルカを皆殺しにしたトランペットだから皆を知っているぜ。

f:id:haiirosan:20170312103417j:plain

そして桜が血を滴らせる。ロカビリーのアリス、アリスの不眠症に過敏性な早咲きの少女、口紅の食紅、平家蟹があないとし、死体の肉で最もワルツが踊れるのは膵臓であり水槽で最も少年がスマートフォンを翳すのは3104丁目のアルビノ金魚前だってこと。そう、新宿アルタ前なんかじゃなくてね。

f:id:haiirosan:20170321213358j:plain

7人の海が水死した、降水確率30%の夜。
メロンソーダを喫茶店で頼めば、灰色の街が葉緑素に充たされるような、そんな気がした。
ルー・リードの金属性に物言いの三幕。泡立つ発泡、ベルリンのジャケットはダークグリーンが主体だったような記憶。
血で血を洗うクリーニング屋とエタノール屋台の噛むチューインガムの咀嚼音。マンホール飛び交う午後、切断というよりも打撲傷による死が相応しい日曜日、噴水の塩素の香りに二日酔いさ。
そして、エスプレッソにイタリアを忘れた頃に、僕らのVANSには蒼い絵具がへばりついていたことに、散弾銃を持ち出した青服だけが気づいていたのだ。

f:id:haiirosan:20170307173938j:plain

ヨーロピアンとオフィーリアの死

f:id:haiirosan:20170211110452j:plain

然しコーク缶ソークトイン漂白剤。カーステレオがモノラルバイノーマル虻箆~嘛僂に染まれば犯罪沙汰サタニック45の46階は実在すると昭夫が力説する。だが、サマーソニックサマージャンボ三億円事件ジントニックの冤罪で溺れさせれば偉大なるビートニク詩人であるA.GやW.S.Bを花魁の肌から逃れさせることが出来るかもしれないとマクベスにまとわりつくピーナッツバターは言った。多国籍の凧、クレヨンとチョークが美味い午後、裸体のシボレー、哲学的ゾンビの群れが僕に迫ってきているけれど、私はAT車しか運転できないの!絶望に幻滅地下鉄に乱立するエンパイアステートの夢、MTクラッチsnatchフィルムに溶けたオフィーリアの白百合。スナッフフィルムに映る平行世界で彼女は柘榴みたいだった白いドレス トゥシューズの靴擦れ 枯れ果てた季節に地獄の歩道橋てくてく否てけてけと赤いビーツシーツじゃない青の悲劇。制服の滲み濡れ衣と雑巾、楽観的主観のない僕らの思想と365の食パンの耳、ナポリピザの耳に火薬を詰めれば淘汰されるのはピザ屋の彼女ではなく戦争屋だってこと地中海に沈む五星の欠片カストリッチスピーチ、ワインハウスにあの娘の首吊り死体。その姿態は遠近法で透写されたけれど低血圧の彼はいつも死んでいる(ような)様態である。果たして椰子の身がbananaの薬がバオバブの爆発物がビーフストロガノフになる日が来るのか、アーシュラーの祭に神輿を投げ込めば、ほら酒樽に青酸カリが溢れて何だか目が痛い喉が渇くから呑もうよオーロラが零れたフィンランドの丑三つ時の空を。

f:id:haiirosan:20170310214029j:plain

f:id:haiirosan:20170303154545j:plain

有刺鉄線に捧ぐ

f:id:haiirosan:20170309165708j:plain

ほら、嘘をつく間にワイヤーで撒かれた内臓。
トマトットトマト字余りで躓け
誰もいない世界
誰も彼も消えて
そしたら道端が綺麗だ
うるさい人間が嫌いだ
五月蝿い人生は終りだ
首を吊れば
ビルを斜視すれば
この瞬間は夢だって

花、枯れゆく雄しべ或は雌しべ
道端っていう名前
彼女の切腹前に思いつき
ラー油の海 浮かぶタンタンメンの管
七味蕎麦が冷えない
トマト缶の手榴弾
絵具代を省いたのさ
赤い蛇、赤い血管のようで
静脈 動脈 Youtubeの鉱脈みたいな

f:id:haiirosan:20170226154202j:plain

赤い現場、蒼い拳銃漢はいない
細長く末長く
「ねえ、雛祭りの人形はみんな絞首刑なの?」
ひなあられ
雨アラレ
したらばたら霰
MDW→ばさら
部位不詳
煮込みという名の狂気と
PTの凸狭いババアは喚く
正体は色の彼方さって
透明な大人は笑う
ペド ロ ペレストロイカ
当り外れで狂った右手
訊ねた餓鬼の正当防衛
隠し持つバタフライナイフ
バタフライエフェクトで振り返るのは
君じゃなくて貴女だ

f:id:haiirosan:20170303154545j:plain

皆吊るされて鮟鱇の調理法
魔法の熔ける魔に
逢魔ヶ時にクーリッシュも適温
柔らかな雲 柔らかな青空も
君の食欲と殺人欲で朱に変わってしまうさ。
私はそういって俯いた
ストロベリースーサイド
ストロベリーリバーサイド
サイドギターの屈折
鳴らない赤色のSG
鳴りすぎる水色のST
鳴り止むホテルからの投身
君のホテルで染みが付いても
気にするのはイチゴハウスのあの娘だけだって
(何か)を眺めて暮らす私にはそう聴こえたよ
ラチェット マチェット
散弾か跳弾か
気になるあの内臓のスカートの中
嗚呼、内臓が見える
嘆く君を愛撫した老師は酔っていたのか?
示談地団駄を踏む駄菓子屋ジュウドル
$円をトルエンと聞き間違えた僕は
紛れもなくスクランブル交差点の炒り卵だから、スクランブル交差点の敗血病だから、スクランブル交差点の腐乱死体だから
スクランブル交差点に蹲るから
君のハイヒール 紅い靴先を永遠に舐めるよ
そう、永遠に永遠に。

f:id:haiirosan:20170122164839j:plain