読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

haiirosan's diary

散文とか

ドーナッツドーナツドーハ海峡の猫

f:id:haiirosan:20170507130343j:plain

めだかの学校は不登校児童しかいない。私の三輪車と猫はそう呟きながら竹藪に入っていった。芥川の脾臓を埋めるタケノコの里、蟹がいっぱいのコルトパイソンはジャミングすら意にかえさず反動が強烈で川海老を誤認逮捕するところだった。
ドーナッツアイランドとドーナツアイランドの戦争、アイスランドアイルランドの抗争、Sweet Leaf&SnowBlindの二重の幻覚に夏休みを咀嚼する。そう、7月の海峡に散る何機かのスピットファイヤーは英国の薔薇を散らさなかったが、然し彼を操る操縦士は夢見る機械であり、名も無く国籍も無く恐らく母も無い。無名戦士の墓、其処を荒らすのは俺のアップルパイの破片であることに気づくのは赤ずきんの腐乱死体。ああ、そういえばランチを取ることを忘れていた。ドーナッツ・フライ、バードマンはカニバリズム、フォビアのフォアグラはもう肝硬変でくたばっている。空腹?それよりも廊下に横たわる魔女の正体について知りたいな。
そう言うと君は私を新宿五反田前のようなアルタ前のショーパブに連行する。ここで自転車の群れを蹴り倒すのは鋼鉄の処女のストリップを視るより遥かに興奮するからと。
ベルのないバイク、ベルクで詠む俳句、退屈しのぎに細工したら都庁が崩れ落ちる幻影を見た。さて、鍋の中で沸騰する鍋。やかん投げてフリースロー、中身は紅茶入りの鼠、彼の頭にはスターゲイザー・パイのことしかない。曾てはπ或いは牌を輪廻する車輪の下の猫のようだったのに。曾ては星屑に乗って大西洋で水風船のような水死体に成り代わることを楽しんでいたのに。
そして今、猫は私がこたつを隠したことに怒っている。炎天下、堀ごたつは大焦熱地獄みたいだからと呟いても、猫は私を睨み続けている。

f:id:haiirosan:20170507130259j:plain

胡瓜より猫をモミモミしたいバラクーダ

f:id:haiirosan:20170513000819j:plain

「ええっ!?プリンを蒸すのかい!?僕が花梨を盗み食いしたからってプラモデルの接着剤は剥がれないじゃないか!?」
疑問符に疑問符、マスタラ男はブラウン管の中ではいつもこうだ。
確かに、彼の女房或いは乳房はSカップしかない。当然のことながら赤子のケリーを育てることなど出来ず、新宿駅迷路地帯に棲むミノタウロスが錆びた剣の鞘を捜し続けているのも理解できる話だ。
――それにしても今年は団扇が全て破れている。家電量販店に突っ込むアメリカ軍、家庭裁判所に入り込むメタリカ、葛西に投げ込むカメリア・ラード。
それでも蕎麦に満員電車が這い入る隙間などなく、私は三輪車で海千山千、補助輪が故に輪廻する私の夢現または現夢。傘をさすかささないかで藪蚊が雨宿りするか線香をデオドラントに変えるアイルアイスランドのスライドドアで手を挟む絵。刺青を赤い頬に刻んでも蒼いのでだから、午後8時になっても空が碧いのかなと窓枠に凭れながら思う。

f:id:haiirosan:20170506184015j:plain

どうして8月になっているのに、電子時計は六を刻んでいるのだろう。理解を忘れた七草奏でる秋の少女、シューベルトの鱈はブリューゲルの鱒に捕食され、少年は無言のトーキ映画に眠る。

f:id:haiirosan:20170507131753j:plain

抽象的な海、平行世界の青い汽笛

f:id:haiirosan:20170502223454j:plain

https://youtu.be/PwQ8bNRVqWk

ブックカバーの青 安眠の蒼 朝明けすら碧
夜半の涅槃 台詞は表しかないオセロと
水槽の中の君を案ずる 水色の嘘
水は青でもなく 水は緑でもなく
水は透明の在りか? その対価に青空を
等価交換した この渇いた世界を

変換する針時計 円転する画伯のパレット
改変する梅の木に 咲く 桜
落雁の色彩に青は無い
青い鳥が迫害されて

半透明 不透明な海
汽笛やまぬ霊安室
暗室のように 暗く冷たい
幽霊のような子供たち
青いゼリー 渦巻くダウニー ブラウニーの虚な午後
静かに沈む 少年少女の群れ
青に殉ずる季節の外れ
シーサイドの彼方
海上の彼岸花 青い汽笛 青い花 温い空 淡い未来

氷漬けの君 溶けることのないバニラアイス
蒼白なクリームソーダに夕暮れは無く
35000m,飛び降りたパラシュートの穴
水の壁 ベルリンの夢 血塗れのウォーターベッド
プールサイドの彼方 海上の百合
青い夏
温い空
白い花
冷たい未来

ポンティアックスティングレイシスターレイ

f:id:haiirosan:20170422202018j:plain

雨脚に脚気を催す世界は溶解したゼリービーンズみたいだと、色を感じないジェシーは嘯く。夕暮れ、朝焼け、或は夜明けのブギーポップ
トライアド・ゼリー、クランベリー・ゼリーに雨が滲みる春に君は首だけになる。
白痴の神は私又は私の影それとも私のドッペルゲンガーが丸裸で月光に犯されているのに、あの水無月を無罪にすると宣う。ポケットモンスター肥大化するmousemouthhouse、彼等が小さな小銭いれに入らなくなったから溶けたトマトシチューの洪水警報に耳を傾ける水曜日の乾パン。
渇ききった、然し私を避ける猫、私が裂ける紙細工なら、ジュネーブの散文も、ストックホルムの彼女も統一戦線に参戦出来るのかといえば、私はチェダーチーズの含有率に目薬を射すしかない。或いは座す刺す挿す挿す砂漠の流浪の民に捧ぐ水たまりの痕。
ねえ、whiteスティングレイのシスターの内臓部屋、ああ、懺悔を神に今日まで生き永らえたことゑの懺悔を!

f:id:haiirosan:20170426221412j:plain

ただ、彼の足元3㎜に未だに更迭された蝶々は墜落しない。ドッグファイト、ホットドッグに侘び寂を加えたら、星条旗に常軌を逸しているのは君なのかシェパードなのかとプレイボーイ誌に問う数時間後には週刊紙がまさしく白紙と化していつかくる世界の終わりの後の世界つまりは誰もいない世界で誰も不幸にならない誰のストレスの発散にもならない誰もザマアミロと嘯かない誰も誰も誰も、な空間EFFECT,逆さまの此処で君は何が欲しいのかと尋ねる公安にギターを持たせれば監獄ロックだのGO Johnnyだのといったスタンダードスタイル・レプタイル。何を求めれば歪な4つ打ち歪な四つ手の蜩、ほら君はそうやって眼を背ける、午前8時の通学路で血だるまの餓鬼を見ても。あの鴉が翼を開いて泣き叫ぶのは、君がゼリービーンズを棄ててしまったからさ。
鈍い音の黒い塊、金色の鴉の刻印、ヘッドライト狂った死の夜も彼は越えてしまった。

f:id:haiirosan:20170402135753j:plain

林檎飴と鼈甲飴が嗤う

https://youtu.be/cwcJy5qNdHI


f:id:haiirosan:20160910131728j:plain

畳の下 埋められた林檎飴
揺れる障子 紙風船と少女の破裂
鴉の変死体 水風船のヒ素
紙芝居と蟻の群れ 緋い靴の花魁嗤った

f:id:haiirosan:20160913175805j:plain

打ち上げ花火濡れて 唐笠目玉を抉る
首吊りの夏祭り 見世物小屋の行列
鼈甲飴の朝日 桜を犯す月曜火曜
薙刀翳す女学生
季節外れの時雨は赤く
血だるまの祭囃子 内臓零れた辻斬り
呻く色町と浮世絵
介錯も贖罪もなく
井戸に投げ込まれる皿屋敷
それを見た赤い簪が嗤う
潰れた林檎飴も嗤う
破れた少女も、嗤う

f:id:haiirosan:20150721184002j:plain

Hotcake Suicide

f:id:haiirosan:20170410113435j:plain

然し、バター踊る卯月に、彼女は天使の砂糖を盗んでしまった。ローズマリーの悪魔が潜み笑いを浮かべる或いは上げる七日間。世界は蜂蜜によりアナフェラキシー・ショックに陥る。
見よ、ノアの方舟糖蜜を求め群がるコロンビアン・ネクタイをぶら下げたブルーカラーやホワイトカラーを。plastic x ray,偽装の理想に高僧が捧ぐ逆さまの輪廻、永遠のブーケトスはvalley ball中に手の甲を骨折した痛みのdelayが襲いくる記憶。それともシシリアでハンドトスのシカゴ・ピザを頼んだ結果、トンプソン・マシンガンで蜂の巣にされたG.Yの青い網膜。そして出血多量の彼が最期に舐めたのは、アカシアの蜂蜜ではなくグルジア糖蜜だったってこと。

f:id:haiirosan:20170407200201j:plain

海に沈む海、空に墜ちる空、フライパンに火刑に処されるフライパンを観ている。
スクリーン・アウト、52-57のロースコア・ローヤーを殺せ。そう、赤毛のマーガレットの心臓が右にあったか左にあったかなんて、葦の原で紅石を溶かしていた彼と彼女の死体が覚えているはずがない。君の玄関に貼り出されるポルノ・ペペロンチーノの巻きすぎたテープリール、君の雨戸に穴を空ける匿名性の極めて高い天使、君のベッドに潜む風船ガムの色をあてるのは、あの町でいかれた道化師とBB弾で撃ちあうことより困難なことさ。
KARENは潰れた苺畑みたいな面、KARENは叩き潰した芥子と酔い潰れた芥川をたまに読み間違えるらしい、だから時代遅れのMDを抱えて印に逃走しろ、MDMAで潰した眼球を車輪に突っ込めば、死に損ないがファイヤーバード・ポンティアックを運転しても、左右確認を怠らないはず。

f:id:haiirosan:20170414124358j:plain

真夜中のクランベリーが熟れると脳漿が零れた気分になると医者に訴えたら、色とりどりの錠剤がさらに増えた。私の春はまだ終わりそうにない。

心臓飛び散った5分前の世界

f:id:haiirosan:20170406160520j:plain

私の網膜を潰れたアメ車のチャイニーズシンドローム、それに麻辣な想像に浸るアーシュラーのVRが染める。
赤い砂漠、転がる1000の心臓はホールトマトみたいだ。ビーチで貪るパイ、Leechが啜る愛っていうか汚れた血
落下傘の春、車輪の下、滴る垂れ桜或いは十二指腸それとも凍ったままのジントニック。火の粉、手首の血、スプレーに火をつけて(完) 偽善者のアイシングが間に合わない彼女の世界はベスビオ火山のマスクの中で完結していて、それが綺麗だとはまさに埃の歌が咽を音頭をとることに似ていた。

f:id:haiirosan:20170408005440j:plain

核の死、四角なレゴパーティー、死角からマチェット。そうして刻まれた彼らは夜になってから朝を思い出す。
雨音の幻聴と視聴覚室の針が狂ったレコードプレイヤー。モーツァルトのワルツに浸るレナード・コーエンの幻覚。
水溜まり、懐かしさの拳銃、儚さのダガーナイフ
彼が切り刻んだのはジャックと豆の木だから、彼が処刑されたのは絵本の世界の中だと。
ランタンの悲劇、雨に濡れたぼんぼり

葬列に並ぶ白衣の目的はリラのワインだってこと。
葬列に並ぶ黒衣の目的は水のようなワインのような夜のような水のようなワインのように水のようなワインのようで水にようはワインなようが水にワインがようで夜がワインが水がワインが水。

最果てのキッチン、彼女は見えないポークビーンズを煮込みながら、そう呟いていた。けれど、彼と彼女の赤い世界は煮崩れる豆と豚のようだと、世界の終わり氏が笑うことについて、裁判員は血混じりの涙を流すことしか出来なかった。

f:id:haiirosan:20170403163129j:plain

私のスケッチが描く春は、どうしても人身事故の夢しか視ない。空腹の幸福、空白に禍福、青空に飛び交う血管は現実との解離。それとも否定。
絵具が切れたこと、アルコールが切れることが怖いと私はローカル線某駅ホームで呟いていたらしい。目が覚めると私は逆行する時間の中にいた。ローカル線某駅ホームで呟いている私、空缶にスピリタスアスピリンに礼拝、礼拝堂の私は私じゃない。逆さ十字、悪魔にも売れない魂、悪魔の証明を神は傍観する。そして目眩と共に墜落する私を見届けた私は私のまま何時かのオフィーリアのように散っていった。

f:id:haiirosan:20170403163147j:plain