haiirosan's diary

散文とか

二藍の屛風に血が滲む

f:id:haiirosan:20150403220824j:plain

春狂蔓延、
無呼吸症候群の魚
円転し続ける瞳孔
暗転し続ける網膜
白昼夢と千鳥足――
雨でも傘を差さなかったのが私だけではなかったから私は私が私で私に私をあなたはアナタなのか?

4月、血塗れのピアニカ
赤蟻と岩石、死体遺棄
放課後までのカウントダウン
偶数が隠す真相
茜色揺らぐ夕暮れ
3番目の赤マントへ手向ける青
彼女たちは白目のまま
煌めくのは注射器とナイフ
蠢くのは偽装と笑顔と__

葬列が真紅の円卓を彷徨っている。静脈血に突き刺さる墓標に刻まれるはずの名も無く、緑化した骸は唯艶やかな色彩を保ったまま――
ファインダー越しの死体はいつも穏やかで清廉だ。

二藍の屛風に血が滲む
鎌を振り翳す闇、暗い血溜まり
赤い靴、紅いコート、赫い__
口が裂けた夕刻、茜色の眼
青い鼈甲飴砕け散って
呪詛が黒電話から鳴り響いた

蜘蛛の糸に蒼がしがみつく

張り巡らされた無機質と縊死体

無表情の屋上で揺れる血塗れのシーツ
炎熱と罪の蜃気楼、誰も救われない黒縄地獄に差し出された神の手は白骨化していた。

夕刻÷夕焼夢、黄昏サイレン、矧がれたカーブミラー、裸足の百合、鴉とサングリア、虚ろな藍染め、無言のベランダ、出血多量のペットショップ、

やがて終幕の緋火を放つのは__

水色のサーカス

f:id:haiirosan:20190227214501j:plain

無呼吸症候群の朝日
ソーダ水の死
唸る柱時計に少女は
視えない檻と絶望を凝視する。
10階(以降)の世界で
誰が笑っているのか?
行き止まりの十字路、
線路上にて見つからない手首と血痕――
暗い雨朝は、未だにアスピリンを咀嚼しているというのに__
翠雨の祈りと氷結した造花
十字架を庇う蝙蝠傘
釘の錆を愛でる少女
グラスが存在しない日曜日に
誰が葡萄酒を誤飲するのか?
ロゼの悲劇、結末の無い舞台
暗幕に火を放つ君は
黒煙が色彩を塗り潰すまで
血の涙を流し続けて――
泡沫の放浪はいつか終わりを告げる。彼方の蒼が沈黙の音階をなぞる時、ひび割れたレコードは円転を止めるから。
遠い街、遠いサイレン。
綺麗なままの空虚を切り裂くのは__
水色のサーカスに世界は憎しみを滴らせる。雨、雨酔に救済を求めていた彼らにとって、青い炎揺らめくショーは大罪でしかなかった。
田園に転がる道化師、弾切れのベレッタ、誤った選択の果てにあるのは__
浸水に犯された舞踏会に透明が踊る。淡い死の刻印にシャンパンが息絶え、顔の無いウェイターがほくそ笑む。貴女の表情に翳りが浮游した刹那、暗いヒールを切り裂くケーキナイフの正体は――

Abstract Film

f:id:haiirosan:20180717191639j:plain

全ての呼吸が蒼に吸い込まれる。日曜日は千鳥足のサーカス、月曜日は副流煙の霧と肺患い。
――老人が颯爽と去った猟奇殺人の現場には領収書は無く、ただ水に浸るだけのPeaceが遺されて、
造花の呪詛が断線したイヤフォンを這い回る。血イロの旋律とFade Outの無い17曲、Number913,亀裂の奔るスピーカー。銃弾が終幕を告げるスピーチ、磔にされるのはいつも純白。だって__
夕刻、焼け焦げた血小板と酸素。
鴉すら羽根を忘れて首を吊る2/3.
空白の無い蒼に誰も笑みを零すことはなく、ただ、彼方で火を放つ少女の指先だけが、清廉な水色のマニキュアを煌めかせていた。
Abstract Film,緑に付加される不明機のエンブレム、暗いくらい影が揺らぐレンズ越しのブラックアウト。
なにもみえていないことをみえているとみえていたようなみたくはなかったみたくもなかった?
__暁の空は未だに眠っている
亡霊とサーチライト、脚が消失した君を曝くのは夜だけだと、幽かにラジオノイズが囁く。
――誰が囁くのか?何処で囁くのか?どうして囁くのか?
疑問符の雨に濡れて、光だけは淡さと柔らかさを増してゆく。

8mmフィルムから零れたアイスピック

f:id:haiirosan:20190224230405j:plain

有刺鉄線が藍色を纏う時、硝子の靴は粉々に砕け散った。
太陽の亡霊、
砂漠の亡骸、
薔薇の亡命
少女が時計の針を忘却していたのは「狂っていたから」だと綴られる
39面の死亡記事が切り裂かれた時、硝子の破片は行方不明を装い__
8mmフィルムから零れたアイスピック、穴の空いた夕刻に誰の影も消えて、唯琥珀の空白と着色料が漂流している。
何処に?何処へ?疑問符が四分音符に添付され、6弦は静かに失踪していった。
0月、モノトーンの変調に
私は呼吸を喪う――
704号室
赤濡れたバスルーム
張り巡らされた電線、
加速するRe.に沈黙だけが
反芻するラストシーン
可憐な花束枯れて、其処には__
水彩画の瓦解と静寂
夕暮の蒼は刹那に溶けて
線上に迷宮、出口は何処にも無い
水平線の彼方、視えない水
渇ききった蜜柑だけが変色を__

霞む虹色のフィルター、網膜硝子が細分化する夕景と水槽の記憶も忘れて__
奇数が貴女を刻む、右肺の違和感、午前3時の乖離、夢、また夢、
__穴の空いた(はず)の濡障子に、首の無い影が艶やかに揺れる。

無表情のクリームソーダ

f:id:haiirosan:20190217211322j:plain

終幕の風景はいつも穏やかだ。清廉な蒼を切り裂く朧な光明、眩し過ぎる収斂に、時計の針すら呼吸を止めて__
コンタクトレンズが剥がれるように、水中に溺れるように、悪い夢が醒めるように――ぼやけてゆく世界
街も人も冷凍されてしまうけれど、その開いた瞳孔だけは刹那に澄み切っていた。

無表情のクリームソーダを溶かしたのは細波と太陽の刻む3つの音だった。
砂浜に埋まる赤子の手、空っぽの乳母車に詰められた注射器、笑うのは海岸線の白いワンピースだけ。
__誰かの心臓が理由無き銃弾に貫かれる、白線で別たれしサンダルを茜色に染めるのは誰の――

f:id:haiirosan:20160414173543j:plain

哀色がアスファルトに反芻する
枯れたアイリス 三月
砕けたアスピリン 水泳
壊れたアノニマスと曝かれた__
漆黒の帳は血のイロ
雨に揺れる花片は何色?

――イロを想起するモノクロ・ストリップ、踊り子の靴擦れに嗤う聴衆、涙はドロップ味、君は溺れるトマトソーダの猟奇殺人痕、
黄色は狂気、青色は静寂、赤色は__
空白ばかりのジャポニカ
静脈血で黒ずんだ紅ノート
折れたペン
折れたネック
割れたスクリーン
私は「何」だったのだろう?
私は「




首の無い客引き、敗血に浸された2月

f:id:haiirosan:20161008165041j:plain

蠱惑の帳に火が放たれし時、影踏み遊びの無邪気は脆くも斬り捨てられる。錆びついた諸刃、有刺鉄線の夕暮れに貴女は切創無く、夜を迎えられるのか?
彼方の星が世界を傍観する。人々は今日も自ら心臓を吐きだし、灰色の刻を紅く染める――
街は虚ろさを漂わせて、路上の吸い殻に火を放つ。Anonymousの群衆、首の無い客引、透明な血に浸された2月。出血多量に気づかずに僕らはスクランブル交差点で救急車に轢かれる。サイレン亦サイレン__遠い夏の日、暁光の花火くすんで、プールサイドが炭化する。
(飛び込む)だけしか選択肢の無いゲーム中盤__どうしても「死」を忌避しようとすることに終始するあなたは惨めさと醜さを次第に湛えて、私は鋼鉄の朝が地下鉄を過ぎ去る刹那に朱が針時計を染める場面をぼんやりと思い浮かべていた。
不眠症の夢は太陽の嘲笑に焦がされ、終わらない黒煙がネオンライトの世界を抱擁した。
抽象的な蝶、アスファルトのパレットに零れるカケラ、雨が罪の痕を拭い去る。
――残された遺失物に寄り添う、冷たいだけの左手。朽ち果てゆくその墓標に、手向けられる花はいつも造花だ。

f:id:haiirosan:20160331175135j:plain

――遠い夏の日、暁光の花火くすんで、プールサイドが炭化する。
(飛び込む)だけしか選択肢の無いゲーム中盤__どうしても「死」を忌避しようとすることに終始するあなたは惨めさと醜さを次第に湛えて、私は鋼鉄の朝が地下鉄を過ぎ去る刹那に朱が針時計を染める場面をぼんやりと思い浮かべていた。

誰もいないはずの後遺症の窓

f:id:haiirosan:20190203194025j:plain

――鳴り止まない蒼い警報、アスファルトを這い回る錠剤の粉塵、真紅のカーペットを染めるのは青ざめた焼夷弾だと、誰が認めるのか?
遠く、遠く、藍霧に潰されたHighway509,ひび割れたバックミラーに映るのは終末のスニーカーと、茜色に乱れた手形、赤い涙零す誰かの瞳__
硝子の墓標、如月悴む×曜日を彷徨う亡霊。眼前に表れた血塗れの着ぐるみと、彼女を連行する黒い貴婦人はあの3番線から身を投げるのか?
誰もいないはずの後遺症の窓から覗く誰かの縊死体は(私)のような姿をしていたから、わたしは地下鉄3番ホームにどうしても降りることができなかった。
やがて、逢魔ヶ時が紫の絵具を手に取って、樹海のような街は色を喪う。
――誰の呼吸が、言葉が真相なのか?嘘は影イロ、穴の空いたカンバス、剥がれたフィルムの先に、もう暁光は射さない、と__
歯車が軋む夏の氷上、切り落とされしブーゲンビリア、飛び込み台は満席だからプールの水はいつも蒼い、涅槃頽廃、六道酩酊、時計の針から紅色が脱落したのはいつ?解らない六法全書を読み耽りながら、私はコーヒースタンドに火が放たれるのをずっと待っている。
霙に揺らぐアスファルトは色彩を読み耽る。無人の車(だけが)暗渠を這い回るけれど、それらがイロを汚すことはなく、止まない慈雨と共に永遠と物語を刻み続けていた。