haiirosan's diary

散文とか

メロンパンの偽装、チョココロネの偽り

f:id:haiirosan:20170623191314j:plain

彼の投身は粉砂糖を明瞭にしたらしい。
スポーツ報知、各駅3席分近くを奪い去る風船。
豚の皿、蓋の血、くだんのまち
丑のレジスタンス、虚ろなガイダンス、破裂の見込みは僕らが俯くことから救われる終末の平日が訪れる踏み切りでカマキリがキリキリマイに陥る罠を国語辞典でひけば、私は(ひく)という漢字を失念して、あの抹茶色を酷く憎む。
一応メロンではあるが、果たして7月もその建築偽装のままで生きてゆけるのか。果汁零と表記すれば、青少年には刺激的。butterの薄れたbitter chocolate 確変の革命は7thスリーコード・パンクロック。
ああ、バレンタインに星条旗シャツを着る彼はバドワイザーしか認めないフランケンシュタイナー
主体性と再生の2時、僕らは朝と夜と夕暮れを好むが、真の狭間の時間を手に取ることはない。

f:id:haiirosan:20170623174333j:plain

それを見たコロネのコロナ。メキシコの海岸線、ストッキングの断線、真相は彼女のカカオがガーナ産ではなくじゃあ何処かしらイかれているふりしてマカオで食べたガパオ。そのハイオク・ガソリンにrhymeをrhythmと間違えれば、そう僕らに世界の中途がそこで視ている日も近くはあるまい。
チョココロネが隠れたかくれんぼ。鬼は私たちか、それとも無慈悲な消費期限か。それを尋ねた後日、私だけが黄泉瓜新聞の三十八面の隅に掲載された。

f:id:haiirosan:20170602161126j:plain

アルコールの乙女、青ざめたPDS

f:id:haiirosan:20170603170554j:plain

スティングレイを海月と勘違いした少女は、算盤を放棄する。
ポルカトルカの残金零、dotで躍るファミコンゼルダ、TV文明の敗北、文明堂のカステラが切断される時、僕らはポルトガルの粉砂糖の美しさを思い出せるのか?
それにしても水玉ワンピースからはファブリーな香り、ファジーな私の足元にファックを告げる渋谷の蝶やHalemのネオンライトは朱を忘れている!
さて、赤色のクレヨン折れて、少女は何を想うのか。
画家のパレットに撃ち込まれたベレッタ
残りの一発は9mmを勘違いした餓鬼の額に風穴を空けてら。
届かない出前の拉麺
拉致された蕎麦は冷から温へ
北へ南へフランシスコ・サンフランシスコ
混血、抱えろフラストレーション
婚約、消えろトラストレーション
揺れるチェーンソーテキサス、揺らぐトム・ソーヤの武器は何だっけ?
いつかのテネシー
いつかのテキーラ
いつかのエクスタシー
いつかのラムコーラ
そう、忘れた言葉と前頭葉は水色の水槽の(彼)が発狂したからと訴えても懲役200年は免れないらしいボーイズボーイズガールズガールズ。

f:id:haiirosan:20170612174626j:plain

俺らはバイクを忘れたから海岸線で重症を
彼らは俳句を詠みながら
その左手に脇差しを仕込んでいるから
どうしても殺に殺、殺を重ねた字余りになってしまう。
ほらぶれる目
ほらふくふきやの画
目を画く匿名の彼は失業者だから
彼はアルコールとしか握手しないらしい
それは僕と似ているから
私は神をトニックで割ることを嫌う。

f:id:haiirosan:20170609235944j:plain

車窓から視えたペペロンチーノに俯くのは、

f:id:haiirosan:20170603184008j:plain

窓硝子に並走するかのように、回転寿司が輪廻する。
桃色の花、擬きの動悸、赤、赤、赤の三連単。絶望の地下鉄を鼻唄混じりで行く彼女がなくしたのは馬券かそれとも心か。
皿で落とす首、更に犯す君、サラミ垂らす牛は原材料にすらならない!
豚が飛び散る薔薇の舞台、照明が公判をも照らす。
眼下のビルに花束を投げても、Oliveoil漬けの彼らはその窓ガラスを開かない。そう、彼らは脂肪の無いオフィーリアを何よりも怖れているから。
夕暮れに診察を行う眼科に行くべきだと君は云うが、然し君は両目に綺麗な、余りにも綺麗なビー玉を挿入しているから、君のCMに挿入歌が無いのはスポンサーの変死体が弁解せずとも、嗚呼そういうことなんだろうと合点すべきであると。
回送に乗り続けても、回想に耽っても、思い出すのは5歳の頃にいたサンフランシスコと、昨日呑んだ
唐辛子入りVodkaの明確な殺意。
然し、乾いてゆく動脈血。トマトケチャップみたいだと笑う少女にサングラスを与えるのは磔のキリストかそれとも針だらけの悪魔。

https://youtu.be/RaRtXYSszsA

Nativity In Black,彼らがヴァルハラの車輪に鞭打つ時、彼女は凹みゆくコカ × ・コーラ350mlのアルミ缶を見殺しにする。だって立ち上がれないロフトのフラット、フラッペにリキュール、モスコミュールに毛虫の葉緑素ロストワールドを探し求める半裸の類人猿。
哀れに過ぎ去った幼少期は生ゴミの日に棄てられた。再生の朝に甦る奇形を君はhappy endと捉えるか?それともbad endと?
どうせならbedが良かったと死んだ君は言う。そう、海岸線のイタリアン・レストランには(絶望のパスタ)しかメニューになかったからね。

f:id:haiirosan:20170608161501j:plain

水中毒の水、水色の午後と空硝子

f:id:haiirosan:20170604201528j:plain

然し世界の終わりが始発を迎えても、8本足の彼ら或いは彼女らは高層階にてそのふくよかなブルー・ジーンズポケットをさらけだすのか。
ホルガの奴隷、キレたフィルムには惨殺死体しか写らない。
ラードランドオールナイトカールスモーキー、異国の伊のクランベリーブルーベリーが破裂しないように、某国の仏の葡萄酒に炭酸が含まれていないような、僕らは死んだような目で、60階にて真実の死を求めているというのにね。そう、永遠と一瞬が交わる稀有な死を。

f:id:haiirosan:20170603183323j:plain

この始発にあの1945のように終点はないと、バーニャカウダ・カウンター越しのfateが囁けば、ほら夕暮れは君の罪が染みているみたいだと鏡が(割れた)以降の年号にどうしても新たな祝日は現れない。デリカシーとナポレオン、恥ずかしいのはポーカー明けの月曜日、清々しいのはギャンブル敗けの日曜日。バンクシーのバンジーを彼が視たいように、テンプルにAmpを接続する2限目のように単位を落とせば、新宿御苑前廃ビルから落ちてくる黒焦げの懐中時計。
君が堤防の淵に立てば、花魁渕にて撮る写真には何も写らないぜと写るマネージャーが捲し立てれば、誰がそこに立つと言うのか!ねえ誰が誰か誰か、深夜に盆栽をやらないか?刻む死体遺棄息を潜める潜水夫、底にいるのはポルカドットスティングレイ、そばにいるのは不明のチョウセンスズガエル、誤認逮捕のように踏めば、僕らはもう韻を踏めない。

そして僕は靴を間違えて絶望している。

f:id:haiirosan:20170603171725j:plain

ブラックサバス・オバハンのテーマ

f:id:haiirosan:20170526182610j:plain

https://youtu.be/nJfNy1_Em2o

蒲団を叩く おばさんの朝
太陽笑う 犬にフライパン
オイル13 ガソリン香る
放火見物 連絡皆目つかず

メロンソーダ レモンソーダ
カフェで溺れる 餓鬼の眼の色
メロンコーラ レモンビール
泥酔する ババアの喋り

ガードレール ぶっ飛ぶ首とセダン
ボードレール 壊れた詩に意味はなく
ポートレイト 写る水死体を嗤う
カールコード 刻む死んだパンクロック

魔女狩りの日々 悪魔を探せ ウォーリーは病みに溶ける
白い十字架 逆さで目眩 シスターは祈りを止めた
6を重ね 悪魔を曝せ 私も君も 狂っているから

Smoke It Get High……
Smoke It Get Low……

f:id:haiirosan:20170502125541j:plain

ドーナッツドーナツドーハ海峡の猫

f:id:haiirosan:20170507130343j:plain

めだかの学校は不登校児童しかいない。私の三輪車と猫はそう呟きながら竹藪に入っていった。芥川の脾臓を埋めるタケノコの里、蟹がいっぱいのコルトパイソンはジャミングすら意にかえさず反動が強烈で川海老を誤認逮捕するところだった。
ドーナッツアイランドとドーナツアイランドの戦争、アイスランドアイルランドの抗争、Sweet Leaf&SnowBlindの二重の幻覚に夏休みを咀嚼する。そう、7月の海峡に散る何機かのスピットファイヤーは英国の薔薇を散らさなかったが、然し彼を操る操縦士は夢見る機械であり、名も無く国籍も無く恐らく母も無い。無名戦士の墓、其処を荒らすのは俺のアップルパイの破片であることに気づくのは赤ずきんの腐乱死体。ああ、そういえばランチを取ることを忘れていた。ドーナッツ・フライ、バードマンはカニバリズム、フォビアのフォアグラはもう肝硬変でくたばっている。空腹?それよりも廊下に横たわる魔女の正体について知りたいな。
そう言うと君は私を新宿五反田前のようなアルタ前のショーパブに連行する。ここで自転車の群れを蹴り倒すのは鋼鉄の処女のストリップを視るより遥かに興奮するからと。
ベルのないバイク、ベルクで詠む俳句、退屈しのぎに細工したら都庁が崩れ落ちる幻影を見た。さて、鍋の中で沸騰する鍋。やかん投げてフリースロー、中身は紅茶入りの鼠、彼の頭にはスターゲイザー・パイのことしかない。曾てはπ或いは牌を輪廻する車輪の下の猫のようだったのに。曾ては星屑に乗って大西洋で水風船のような水死体に成り代わることを楽しんでいたのに。
そして今、猫は私がこたつを隠したことに怒っている。炎天下、堀ごたつは大焦熱地獄みたいだからと呟いても、猫は私を睨み続けている。

f:id:haiirosan:20170507130259j:plain

胡瓜より猫をモミモミしたいバラクーダ

f:id:haiirosan:20170513000819j:plain

「ええっ!?プリンを蒸すのかい!?僕が花梨を盗み食いしたからってプラモデルの接着剤は剥がれないじゃないか!?」
疑問符に疑問符、マスタラ男はブラウン管の中ではいつもこうだ。
確かに、彼の女房或いは乳房はSカップしかない。当然のことながら赤子のケリーを育てることなど出来ず、新宿駅迷路地帯に棲むミノタウロスが錆びた剣の鞘を捜し続けているのも理解できる話だ。
――それにしても今年は団扇が全て破れている。家電量販店に突っ込むアメリカ軍、家庭裁判所に入り込むメタリカ、葛西に投げ込むカメリア・ラード。
それでも蕎麦に満員電車が這い入る隙間などなく、私は三輪車で海千山千、補助輪が故に輪廻する私の夢現または現夢。傘をさすかささないかで藪蚊が雨宿りするか線香をデオドラントに変えるアイルアイスランドのスライドドアで手を挟む絵。刺青を赤い頬に刻んでも蒼いのでだから、午後8時になっても空が碧いのかなと窓枠に凭れながら思う。

f:id:haiirosan:20170506184015j:plain

どうして8月になっているのに、電子時計は六を刻んでいるのだろう。理解を忘れた七草奏でる秋の少女、シューベルトの鱈はブリューゲルの鱒に捕食され、少年は無言のトーキ映画に眠る。

f:id:haiirosan:20170507131753j:plain