haiirosan's diary

散文とか

304号室、バスルームに投げ込まれた鋸と花瓶

f:id:haiirosan:20150415180548j:plain

花瓶に活けられた生首を視ていた。
扇風機の涼音がなる12月、カーペットに散らばったアイリスは徐々に色と名前を喪う。
匿名に封鎖された304号室、バスルームに投げ込まれた鋸と、ワイングラスに充たされた血が渇く時、鴉たちは爽やかに飛び立って、何処へ――
傘立てと遺失物、戻らない眼の光と淡い夢。
水溜まりに一匙の砂糖と静脈血を垂らせば、曇天に虹が描かれる。そう嘯いた少女は藍色のアイスティーにマッチを投げ入れ、柔らかな午睡は灰燼へと帰す。
羅針盤が貴女の心臓を細切れにする。電線から滴るアルコールの慈愛と救済では(無い)藍染の炎
傍観、深度、水族館の罅
開かない自動ドアの前に立ち尽くすセーラー服の茜色、注射針の海に溺れる無垢、差し伸べられる手すら白骨化しているというのに――
硝子の揚羽蝶が砕け散った時、蜜柑畑と影絵の街が暗転する
誰もいない不明瞭の番地、(無)に浸されて終わりを祈る無神論者、緋色の十字架、
青空
――やがて一羽の鴎がライラックを啄み、世界は朝焼けを忘却する

3人目の首とホットケーキ

f:id:haiirosan:20190519210021j:plain

水鏡に映るのは深淵だと3人目の首が袋越しに囁く。無表情それとも?
壁に描かれた牛刀と聖杯、砕け散ったチョークに白は無く、浮輪に刻まれた画鋲跡が貴女の50mに迫る鮫の偽装が暗い暗い目をしたまま__
逆しまの午後にホットケーキが爆ぜた、地雷原に供えられたアマリリスの調べと完成することの無い譜面。
紅茶に一匙、ヒ素を一匙、青ざめた太陽のマスカラ湿気て。
見上げた刹那に逆回転する針時計、
行方不明機とアイスボックスが空を遊歩する。
釘の雨
釘の雨
釘の刺さったベンチから血が流れた
38面の記事は死者で溢れ
39面の記事は白紙のままだ
散りゆく明日
週末或いは  はいつだろう?
空っぽの空、二乗法の嘘
カッターナイフと美術室
窓辺に浮かぶモネのレプリカ
反転する睡蓮枯れて
5月の雨痕は翡翠イロのまま
君の脾臓を浮游させて――

瓦解する夕刻、蜜柑畑、プールサイド

f:id:haiirosan:20190513091250j:plain

蜜柑畑に埋める西瓜の心臓
癌、癌と茜色の手首から垣間見える唇が囁くのは、記憶の中で(誰かの)眼球に突き刺さった簪
蒼いのはいつもプールサイドから500m以内だと君は笑う
完結した世界、簡潔化した物語
救いのない飛び込み、クロールの哀歌
刻まれる塩素剤とヴィーガンの悲鳴に
貴女のヘッドフォンは息を止めた
泡のような日々
骨が軋む夜明け
空中戦は朝日に終結する
空中戦は誰が為に?
空中戦を切り裂くのは――
パズルを終結させるのは48人の花魁が変死体となった時だと、私は小さな図書室で笑っていた
折れたシャープペンシルで書き殴る黒板
腐敗した蜜柑の叫び
暗緑色のプールに浮かぶ赤い上履き
花瓶だけが揺れる教室の3月__

丑三つ時、暗鬱の水彩がワルツを

f:id:haiirosan:20180910191717j:plain

渇ききった白昼、曝かれた心臓は躑躅みたいだったから、私は口から滴る静脈血を抑えることができなかった。
クリームソーダにブラッディマリーを加える市民革命の幻想。
泡沫の日々に狂ったまま
水差しの透明は27歳で幕を閉じる
――演目のCoda ただ一人最上段に映るのは
真実を凍結させる亡霊だ、と
遺された水溜まり、8mmフィルムに零す眼球
葡萄琥珀雨、孤独を叫ぶふりをする私或いは貴女が糾弾される刹那に、A広場の赤煉瓦前では無垢な従者が轢断刑に処されている。
リキュールボトルに点火するのはいつも、山高帽の絵画だと、水彩キャンバスの破片がほくそ笑む。
嘆きの骸骨を凌壊する貴女の笑みを、Peaceの缶切りが指先と切り裂く。
止まらない血、止まらない懺悔とクーラー
私の出血を壊死と破傷風が柔らかに撫でる
横切る黒猫も穏やかな丑三つ時
スクリーンに提示される霊障
ワタシノ網膜を幽かな警告が反芻する

f:id:haiirosan:20190507212357j:plain

Air Sketch Construction Set

f:id:haiirosan:20190421120946j:plain

大量出血に平穏な新緑は瞬く間に不穏を帯びる。転がる首、埋葬されし耳、轢断される心臓――
ラクションが告げる懲役
過ぎ去るサイレンと傍観者
渇ききった桜の花片と匕首
終焉に向かう春風に、誰がシアンを混入したのか?
「夕刻」に変異させられし春蒼、彼方の蝋燭に火が放たれて、世界は牢獄と化した。
以下、懲役を傍観する懲役の懲役を懲役に懲役が懲役と懲役は銀杏の懲役が懲役を懲役は、で?
――深淵の萌葱色を照らすサーチライトは行方不明の水死体と半導体の水槽に水族館もオブジェと「」ドラえもんは深夜帯トゥルカナ湖コテージに撒くだけの変死体には渡せない水晶の髑髏とスタバに忘れた揺り篭ワンサイドゲームを阻止する為に誰が為に鐘はなるのか金原ひとみ

雨に曝かれる裸の翡翠色は仄かに死を漂わせ、寄り添う出血熱の花束を柔らかに葬列へと招き入れた。
終末の輪舞は時計の針が狂うまで注射器の針も錆びず渋谷円転⤵⤴70,999新宿錠剤の裸体も拘わらず肢体乃シタイノ正体も無く私は唯、茜色をした(ような)無関心と吸い殻の嘆きに__

04160419

f:id:haiirosan:20180717191640j:plain

蒼穹に凍てついたソーダ水に
不明瞭な着色料が這い回る
4月の澄み切った空白は
瞬く間に彼方へと消えてゆくから
青から灰色のアスファルトへと
身を投げる彼女らは桃色の裸足のまま
その先を見ることなく弔われて――
血の焦げる匂いがした逢魔ヶ時
藍マントの脊髄を愛撫する4
赤い靴沈むプールサイド
半透明の青に投擲された林檎
水彩の殺人痕 コンタクトレンズ
季節外れの花火と蜜柑飴
白骨化した左手
不可視の右手
3番目をノックすれば
救済措置が施されると誰かが言っていたけれど__
赤蟻が水色のキャンバスを引き千切る。
緑衣の鬼の斬首、
揺り篭に投げ込まれる手榴弾の刹那、
淡い音階に浮游する午後は瞬く間に
閻獄の黙示録を詠唱するランドセルに溢れ、
車道を埋め尽くす林檎の口紅はいつも――

水色のファンファーレ

f:id:haiirosan:20190416001116j:plain
十字路は炎に浸された、渇いた祈り、アークバードの墜落、網膜から流れでる茜色の夕景と記憶。
記憶の果て、雑踏の焼死、38面に描かれた陰画の真実に誰かが笑う。
海水に浸された50のビルディングにプティングは痕跡を遺してはいない
渇ききった切っ先、「全ては色を失い、意味を喪う」
黒煙舞い踊る街の硝子ケースを砕く右手
貴女や貴方が求めていた神はショーケースとブランデーの偽装建築、2丁目の廃頽、3丁目の頽廃。
延焼する憎悪に私は左手の震えを抑えることができない。
薬指と先端恐怖症、裁縫恐怖症太陽に五月雨糸が刻む潰瘍はいつも透明だ
4月、無実の審判がやがて告げる死刑判決にすら、私も貴女も柔らかな笑みを浮かべる。
そして、六弦から一弦が零れ落ちた時、聴こえないエンドロールがそっと__
f:id:haiirosan:20190416001250j:plain
桜錯乱花片花魁、匕首で切り裂くは誰かの動脈、花見と切腹大吟醸に混入されるヒ素の藍色、解釈も介錯も赦されない春爛漫、白装束の痛絶に笑うのは黒衣の胡蝶だけだと、彼方の鶯がゆらゆらと揺れている。
都会の喧噪、儚く淡く終焉を迎える桜の葬列に、唯、水色のファンファーレが永延と不協和音を奏でていた。